次週は受難主日、池袋で説教します。



  2010・3月28日(日) 枝の主日:ルカによる福音書19:28-48 
135そして、子ろばをイエスのところに引いて来て、その上に自分の服をかけ、イエスをお乗せした。 36イエスが進んで行かれると、人々は自分の服を道に敷いた。 37イエスがオリーブ山の下り坂にさしかかられたとき、弟子の群れはこぞって、自分の見たあらゆる奇跡のことで喜び、声高らかに神を賛美し始めた。 38「主の名によって来られる方、王に、/祝福があるように。天には平和、/いと高きところには栄光。」 41エルサレムに近づき、都が見えたとき、イエスはその都のために泣いて、 
 

メッセージ :主の歩まれた道
    神よ、わたしに、
慰められることよりも、慰めることを、
理解されることよりも、理解することを、
愛されることよりも、愛することを望ませてください。
わたしたちは、
自分を与えることによって、与えられ、
すすんでゆるすことによって、ゆるされ、
人のために死ぬことによって、永遠に生きることができるからです。
        (聖フランシスの平和への祈りー後半)


 主の歩まれた道、それは悲しみの道(ドロロッサ)。
弟子たち、群集たちはイエス様を褒め称えて歌う。しかしその同じ口が、まもなく、イエス様を十字架につけよ!と叫ぶ。そして弟子たちの口は、私はあの方を知らない!と裏切り、否定する。イエス様はそのすべてをご存知だった。これほどの孤独があろうか。
 それでもイエス様はご自分の道を歩む。鞭打たれ、茨の冠をかぶせられ、紫の衣を着せられて、人々に裏切られ、嘲笑されても、イエス様はご自分のために備えられた道を歩む。その道には王のために引かれる赤い絨毯はなかった。民衆の汗と垢にまみれた衣がしかれていた。人々の悲しみの真っ只中をイエス様は歩かれる。そしてエルサレム、神様の選ばれた所を眺めて「泣かれた!」。その涙は、エルサレムのためだけではなく、あなたのための涙だ。イエス様はあなたの悲しみの真っ只中の道を歩まれる。そしてあなたのために泣かれる。これがイエス様の愛。神様のあなたへの愛。イエス様の歩まれた道。
 
 *次の日曜日、池袋教会で説教をします。

池袋教会アドレス:
http://www.jelc-ikebukuro.org/

by minitayori | 2010-03-25 19:35 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://minitayori.exblog.jp/tb/12368753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。