「みにたより396」

「みにたより396」

河野進牧師の詩に「ぞうきん」と言う詩があります。

「ぞうきん」

困ったときに思い出され

用がすめば

すぐ忘れられる

ぞうきん

台所のすみに小さくなり

酬いを知らず

朝も夜も喜んで仕えるe0191585_15172343.jpg

ぞうきんに

 近頃やけにこの詩が頭をよぎります。自分がまだこの境地に至っていないことを思い、悲しくなることもあります。親しく語る人も少なくなり、手紙も電話もなくなり、それに代わって散歩の中で草花と語り合い、空の雲を見上げて、心慰められています。それでも、祈りの中で語り合えるイエス様を、身近に感じられる自分の幸せを思わされています。

そういえば昔、私が育った家には、何通りかのぞうきんがありました。それぞれに持ち場があって、仕事場の大切な台を拭くぞうきん、床を拭くぞうきん、玄関の窓ガラスを拭くぞうきん。みんな黙ってその場その場で用いられていました。どのぞうきんが貴いのではなく、用いる人と場所によって変わっていたのです。どれもぼろぼろになって絞れなくなるまで使ったものでした。当時はぞうきんでも貴重な布だったから。

 今の自分に当てはめながら、「朝も昼も、与えられた場所で、喜んで仕えるぞうきんになろう。神様が必要としてくださるのだから」と思っています。

 


by minitayori | 2017-03-25 15:56 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://minitayori.exblog.jp/tb/25642615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。