礼拝に備えて 4月23日 復活後第1主日 ヨハネによる福音書20章19-23節

423日 復活後第1主日 ヨハネによる福音書2019-23

e0191585_21452371.jpg


20:19 その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。:20 そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。

20:21 イエスは重ねて言われた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」:22 そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。

20:23 だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」

e0191585_17135490.jpg

「礼拝に備えて」

 復活の日の夕方、イエス様を見捨てた弟子たちは、自分たちも捕まるのではないかと恐れて、多分、イエス様と最後の晩餐をした部屋に閉じこもり、戸のカギを閉めて震えていた。

 イエス様が復活された、というマリアの声を聞いて墓まで行ったが、イエス様は確かにいなかった。墓の中のイエス様と言う支柱を失って、一層の恐れが弟子たちの心に広がったのではないだろうか。さらに、イエス様の弟子達には、ご受難の前に「イエス様が死ぬのなら自分達も死にます」といったのに、イエス様を捨てて逃げた、自分の言葉と行為への自責の念があったのではないだろうか。

 家の戸を閉ざし、心の戸を閉ざし、恐れに震えていた弟子たちの所に、復活の日の夕刻イエス様は来られた。そして、弟子たちに声を掛けられた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」 福音の証人として弟子たちに立ち直ってほしい。イエス様の願いが伝わってくる。

 弟子たちは、十字架の下にいた婦人たちから、イエス様の十字架上の最後の言葉を聞いたのだろう。それは「父よ。彼らをお許し下さい。彼らは自分が何をしているのか知らないのですから。」それはイエス様を処刑した兵士たちへの祈りだけだろうか、一緒にかけられた十字架の罪人たちのためだったのだろうか。いやそうではない。イエス様を捨てた弟子たちのための祈りであり、イエス様を銀貨50枚で売ったユダへの祈りでもあり、イエス様の道から常に迷い出続ける、私達への祈りでもあるのだ。この祈りの尊さを知った時の弟子たちの心を思うと、私の心も震える。
e0191585_21490639.gif


イエス様は今も、私達がイエス様からはなれそうな恐怖や不安の中にいるとき、私の、あなたの近くに来て、「安かれ!」と語りかけてくださるのです。イエス様のお声を聞き逃さないようにしてください。


長年私の牧師室の書斎に飾ってあったイエス様の横顔。私の心を見続けていて下さいました。


by minitayori | 2017-04-22 21:53 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://minitayori.exblog.jp/tb/25716577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。