礼拝に備えて 4月30日 復活後第2主日 ヨハネ福音書20章24-29節

430日 復活後第2主日 ヨハネ福音書2024-29

e0191585_21215653.jpg


20:24 十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。:25 そこで、ほかの弟子たちが、「わたしたちは主を見た」と言うと、トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」

20:26 さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。:27 それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」:28 トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。:29 イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」

e0191585_21230497.jpg


「礼拝に備えて」

 弟子のトマスは、一週間どこに行っていたのでしょうか。それはイエス様が十字架にかかられてからの一週間。彼トマスのショックの大きさが示されているように思われます。

 茫然として、夢遊病者のように歩き回っていたのかもしれません。しかし、少し前にはイエス様の危機を聴くとトマスは他の弟子に先んじて率先して仲間の弟子たちに、「わたしたちも行って、一緒に死のうではないか」と言いました。(ヨハネ11章)それだけにイエス様を見捨てた自分への嫌悪感は大きかったのかもしれません。

 しかし、トマスは復活の一週間後、弟子たちが集まっている所に帰ってきました。そこで見たのは、彼の予想に反して、喜びにあふれている他の弟子たちの姿でした。復活のイエス様に出会ったというのです。彼の常識ではありえない事柄でした。彼は自分が取り残されたように感じ、また、ありえない幻想に喜んでいる他の弟子たちが、愚かにさえ見えたのではないでしょうか。

彼は、自分の指をイエス様の傷に入れて見なければ信じない、と言いました。彼は信じえない自分の心を、どんなに歯がゆく思ったことでしょうか。彼の孤独感が伝わってくるような気がします。その喜びと信仰の渦巻くただ中に、イエス様は入ってこられました。イエス様はトマスに向かってこられ、彼の不信を取り除くために、彼の望むとおりに、指を傷口に差し入れることを赦されたのです。

 彼の不信仰を責められることなく、望みをかなえて信じる者へと導こうとされたのです。イエス様は、いつでも不信にあるものの近くに寄り添い、信じる者となりなさい、と導いてくださいます。信じる世界に、神様が共にいてくださり、もっともよい道を示し、もっともよい事をしてくださることを信じるようにと導いてくださいます。信じるとは、何でしょうか。神様のみ心を受け入れ、従う事。マリアのように「私は主の僕です。御心のままにこの身になりますように」と祈ることではないでしょうか。トマスがイエス様の傷に触れたかどうかは、聖書には記されていません。しかし、イエス様のお言葉に「わたしの主、わたしの神よ」と言って服従したのです。

イエス様はトマスに言われました。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」あなたをどこまでも愛される神様に、信じ従う者となりましょう。あなたの心の平安と幸いのために。


by minitayori | 2017-04-29 21:31 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://minitayori.exblog.jp/tb/25734279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。