「みにたより315」

「みにたより315」

 また九州地方に台風の被害が出そうです。大雨と洪水被害に続いての災害で、耐えきれないほどにお疲れのことと思い、心が痛みます。出来ればボランティアに行きたいねと話はするのですが、結局は、迷惑をかけるだけで役に立たないね・・・。申し訳なく思うばかりです。

 東京は天候不順とはいえ、局地的には雨が降っても、とりあえず平穏に過ごしています。申し訳ない気持ちになります。

以前、ルーテル教会宣教百年記念大会の後、ろう者の人々と長崎のハウステンボスに行きました。私は熊本在住のろう者の友人の、墓前礼拝を頼まれていたので、それを終えて一人でハウステンボス行きの最終電車に乗りました。台風のためこれが最後の列車です、というアナウンスを聴きながら、風の吹きすさぶ中を、目的地に着き、何も見ることができないままに、宿に入りました。

その夜、ちょうど長崎に台風が上陸したと言うので、ものすごい暴風雨。家はきしみ、窓は膨らんで今にも壊れそう。私は風の音に眠られず、きしむ窓を抑えたりして夜を過ごしました。次の日の朝、ハウステンボスの中の木は倒れ、あちこちの屋根瓦が飛んでいました。交通網は寸断され、電車もバスも不通、途方に暮れていると、同伴してくださった方が旅慣れた方で手配してくださり、レンタカーの中型バスを貸りて、博多まで行くことが出来ました。新幹線も満席でしたが、何とか東京まで帰りつくことが出来ました。

大変な思い出ですが、振り返ると、大変だったことが忘れ去られて、思いがけない出来事が懐かしく感じます。でも、もう一度経験したいとは思いませんが・・・。繰り返される自然災害の中にいる人々に神様が寄り添い、助けて下さるように祈ります。

by minitayori | 2017-08-05 21:55 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://minitayori.exblog.jp/tb/25961758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。