私の通う池袋教会の4月2日の聖壇の花

私の通う池袋教会の4月2日の聖壇の花
紫はスイートピー、花ことばは「優しい思い出」イエス様の
ご生涯を思い出すように、とのメッセージでしょうか。
e0191585_15514064.jpg

by minitayori | 2017-04-08 17:10 | Trackback | Comments(0)

「みにたより298」

「みにたより298」

 水曜日は私のリハビリの日だが、幸か不幸か備えつけの機械が一つ壊れて時間ができたので、職員の粋な計らいで、近くの公園にある桜のトンネルをドライブして帰ることになった。急な変更で、残念ながらカメラを持っていなかったので、満開の桜のトンネルを写すことができなかった。

 次の日は通院の日で、帰りに桜並木を見に行こうと思ったが、病院から駅までが、春嵐のために帽子は飛ぶは、マスクまで風で飛びそうになるという初めての経験をして、慌てて帰ってきた。金曜日は雨と言う予報だったが、午後は、風は強いものの晴天だった。桜のトンネルを写しに出かけたかったが、リハビリと通院で腰の痛さが限界だったので、近くの公園に散歩に行って来た。そんな私を慰めてくれるように、公園の真ん中に一本の桜の木が満開になっていた。

 満開の桜を、美しい青空を背景に写すという事は、写真を撮る者にとっては夢。以前にいた所に桜の名所があった。ある日、曇空だったが、他に時間が取れなかったので、友人と桜見物に行った。満開の桜はきれいに見えたが、写真に写してみると、花は曇天の中に溶け込んで、黒い幹だけが写っていた。雨が降ってもライトアップされた桜は見えるが、青空を背景に写した桜はまた格別です。

 今週は良いプレゼントをいただいた。来週は花吹雪だろうが、もう一度公園に行って、ブランコにでも乗りながら桜を楽しんでこようと思っている。近くにいろいろな花が咲き始めた。カメラ片手の散歩に精を出して、健康につとめます。e0191585_16243630.jpg


 あなたの心に喜びの花が満開になりますように。いやこれからも咲き続けますように。


by minitayori | 2017-04-08 17:04 | Trackback | Comments(0)

道端のスミレ

スミレ
公園に行っての帰り、満開の桜の満足して帰ってきたら、
アパートの入口の壁にくっつくように菫の花が咲いていた。
風に吹かれて集まった少しの土で一生懸命咲いている小さな
花に見つめられているように思えた。
おかれた場所で、一生懸命咲いている花がいじらしかった。

e0191585_15531851.jpg

by minitayori | 2017-04-08 17:01 | Trackback | Comments(0)

例は尾に備えて 4月9日 枝の主日 マタイ福音書21章1-11節

49日 枝の主日 マタイによる福音書211-11

e0191585_16025858.jpg


21:1 一行がエルサレムに近づいて、オリーブ山沿いのベトファゲに来たとき、イエスは二人の弟子を使いに出そうとして、:2 言われた。「向こうの村へ行きなさい。するとすぐ、ろばがつないであり、一緒に子ろばのいるのが見つかる。それをほどいて、わたしのところに引いて来なさい。:3 もし、だれかが何か言ったら、『主がお入り用なのです』と言いなさい。すぐ渡してくれる。」:4 それは、預言者を通して言われていたことが実現するためであった。:5 「シオンの娘に告げよ。『見よ、お前の王がお前のところにおいでになる、/柔和な方で、ろばに乗り、/荷を負うろばの子、子ろばに乗って。』」

21:6 弟子たちは行って、イエスが命じられたとおりにし、:7 ろばと子ろばを引いて来て、その上に服をかけると、イエスはそれにお乗りになった。:8 大勢の群衆が自分の服を道に敷き、また、ほかの人々は木の枝を切って道に敷いた。:9 そして群衆は、イエスの前を行く者も後に従う者も叫んだ。「ダビデの子にホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように。いと高きところにホサナ。」:10 イエスがエルサレムに入られると、都中の者が、「いったい、これはどういう人だ」と言って騒いだ。:11 そこで群衆は、「この方は、ガリラヤのナザレから出た預言者イエスだ」と言った。

e0191585_16040024.jpg

「礼拝に備えて」

 聖書の個所を読むとき、その時々のイエス様のお心を考えることにしている。特に聖書のお話を手話に変えるようになって、言葉の変換ではなく、自分が感じ取った出来事の、心を伝えるというように心がけてきた。

 今週の聖書にもいろいろ気にかかることがある。一つは「子どものロバ」に乗って入城されたこと。弟子たちがその上に自分の上着をかけ、群衆が自分の上着を道に敷いて、イエス様はその上を歩いて行かれたこと。

 群衆が「ダビデの子にホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように。いと高きところにホサナ」と叫んだこと。

 まず、こどものロバ、誰も乗ったことがないロバ。この言葉の裏には、神様へのお捧げものの儀式がある。イエス様はご自身を神様への捧げもの、人々の救いのために神様に捧げる犠牲として捧げられるために、誰も乗ったことのないロバに乗ってエルサレムに入られたのだ。

 それだけではなく、ロバの子は背が低くイエス様がまたがってエルサレムに入られ、群衆の中を歩かれると、群衆と同じ目線になったのではないかと思われる。馬に乗って上から見下ろす救い主ではなく、群衆と同じ目線に立たれる救い主として、今も私達の所に来てくださる。また、群衆の汗と涙の染みついた上着の上にまたがり、群衆の服を敷いた道を歩まれた。イエス様は、私達の汗と苦しみと涙と悲しみのただ中にいてくださるのだ。何と心強いことだろうか。

また、群衆は「ダビデの子ホサナ!」と、強力な王である救い主の到来を喜んでいた。しかし、イエス様はその群衆の心の中にある叫び、あと数時間で、イエス様を「十字架につけよ!」と叫ぶであろう人間の弱さを知っておられた。その群衆を見つめつつ、そのただ中を歩かれたのだ。弟子達もやがて、イエス様を「知らない!」と言い、イエス様を裏切ってしまう。弟子のひとりユダは、銀貨30枚でイエス様を敵の手に売ってしまった。イエス様は何と言う孤独の中におられたのだろうか。それでもイエス様は最後まで群衆を、あなたを愛し続けてくださった。今日の枝の主日(受難主日)、このことを深く覚えたい。


by minitayori | 2017-04-08 16:55 | Trackback | Comments(0)

近くの公園の桜

近くの公園にあった満開の桜
桜は青空に映えますね

e0191585_15544789.jpg

by minitayori | 2017-04-08 16:50 | Trackback | Comments(0)