<   2010年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

次週にお日曜日の日課に思いをはせてみました

2010・2月28日(日) 四旬節第2主日:ルカによる福音書18:31-43 

18:31 イエスは、十二人を呼び寄せて言われた。「今、わたしたちはエルサレムへ上って行く。人の子について預言者が書いたことはみな実現する。 
32人の子は異邦人に引き渡されて、侮辱され、乱暴な仕打ちを受け、唾をかけられる。 
33彼らは人の子を、鞭打ってから殺す。そして、人の子は三日目に復活する。」 
34十二人はこれらのことが何も分からなかった。彼らにはこの言葉の意味が隠されていて、イエスの言われたことが理解できなかったのである。

とうもろこし
軒下にさげられた とうもろこしのひとつぶにも
芽生える命をひめている

私の中にも 私の思いを超えて 生きている命がある
命の中に命がある。
       星野富弘詩集より

 イエス様のご受難を覚える日々が続いている。イエス様はそのことを何度も弟子たちに話し、こころぞなえをするようにと教えられた。しかし、弟子たちはイエス様のお言葉の真意を理解せずに自分たちの希望が答えられることのみを考えた。
 イエス様はご自分の十字架の死の予言と同時に、大切は復活を述べておられる。イエス様が十字架にかかってくださることによって、私たちの罪が赦され、新しい命が始まることを弟子たちが悲しみを超えて覚えて欲しいこととして伝えられたのだ。
 イエス様のよる新しい命は、弟子たちの思いを越える命だった。彼らが作るものでも得るものでもなく、神が与えたもう恵みの命だったからである。十字架の死という現実の出来事は弟子たちに希望を失わせる出来事だったろう。しかし、その中に、実は弟子たちの思いを超えた新しい命が与えられていたのだ。
 今は散歩しても美しい花に出会うことが少なくなった。しかし、その分、葉っぱのしたから出ている小さな花や、道端の小さな花に眼が行く。こんなところに新しい命がまた始まっている。枯れ木ばかりの死の世界のような雑木林が、命をいっぱい抱え込んだ神の国に見える。そう思いながら散歩をしている。

by minitayori | 2010-02-25 22:36 | Trackback | Comments(0)

道端に咲いた小さな花、落ち葉の中から顔を出した花

e0191585_22275990.jpg
e0191585_2219240.jpg



近くの図書館に行く途中、カメラを持って行きました。なかなか花が見つかりませんでしたが、ふと足元をみると、小さな花が咲いていました。名前も知らない花ですが、花はそれを卑下することもなく一生懸命咲いていました。それがこの花に与えられた使命なんだなーと思いながら見ていました。

by minitayori | 2010-02-25 22:24 | Trackback | Comments(0)

キヨセタヨリ2月25日 日曜の準備のために

e0191585_22145951.jpg


日曜日に定められている日課です。全国のルーテル教会でこの場所から語られることを覚えつつ、祈りつつ、自分の思いをつずりました。

by minitayori | 2010-02-25 22:17 | Trackback | Comments(0)

ケアハウスの庭の梅が美しい。

e0191585_221295.jpg
e0191585_222013.jpg


雪にも負けなかったケアハウスの梅の花。見ていて元気を与えられる。
写真を撮っていたら、梅の木の下にふきのとうが、僕も応援しているよというように顔を出していました。

by minitayori | 2010-02-25 22:04 | Trackback | Comments(0)

日本最初のリハビリテーション学院、今は廃校

e0191585_21554276.jpg


昔は最先端の学校であったろうに、今は廃校。雑木林が茂っているせめてうつくし飾っておきたいそんな梅の気持ちを感じました。

by minitayori | 2010-02-25 21:57 | Trackback | Comments(0)

2月21日日曜日、礼拝に備えて

2月21 日(日) 四旬節第1主日:ルカによる福音書4:1-13
4:1 さて、イエスは聖霊に満ちて、ヨルダン川からお帰りになった。そして、荒れ野の中を“霊”によって引き回され、 2四十日間、悪魔から誘惑を受けられた。その間、何も食べず、その期間が終わると空腹を覚えられた。 3そこで、悪魔はイエスに言った。「神の子なら、この石にパンになるように命じたらどうだ。」 4イエスは、「『人はパンだけで生きるものではない』と書いてある」とお答えになった。

み言より : 第一にするもの

主イエスさま
痛みであれ 苦しみであれ
不幸であれ 悲しみであれ
立ち止まらずに
上を向いて
祈から感謝へ 感謝から希望へ
大空に向って羽ばたく、
鳥のつばさのように
嵐を海をこえさせてください
                 河野 進先生の詩集より

 イエス様は悔い改めの洗礼によって人々と同じヨルダン河の中に立たれました。それだけではなくそのすぐ後、荒野で40日の間飢えと孤独とさまざまな誘惑に会われ、私たちのために、私たちが歩くべき道を備えてくださった。今多くの人が貧困と飢えに悩んでいる。その苦しみ、その悲しみをイエス様は理解するために、私たちと同じ道を歩まれたのです。
 悪魔は飢えと渇きの只中にいるイエス様に3つの誘惑を与えられた。飢えと富と名誉を与えると約束された。神の子である証を自分の手でつかみ取るように、悪魔はイエス様の魂を神様から引き離そうとされたのです。
しかし、イエス様はいわれた。人間の命は神様の口からでお言葉によって生きるものなのだと。
 生きるということは、息をし、働いていることだけではない。人間が神様に造られた本来の目的にしたがって生きているかが問われる。それが真実生きていることなのだ。イエス様は最後まで、十字架の死に至るまで神様に従順であられた。だからまことの人イエスといわれるのである。
 この道はあなたにもできる。神様にすべてをゆだねてみることです。

by minitayori | 2010-02-19 11:14 | Trackback | Comments(0)

雪の午後は晴天でした。

e0191585_10553237.jpg


向かいに病院の森がある。太陽のエネルギーをいただきたいと、カメラを持って散歩に出ました。
小鳥がうれしそうに鳴いています。聞こえるということは耳は大丈夫。しかし、その姿が見えない。
望遠で見ているとすぐどこかに行ってしまう。かわいい声と素早い動きがわずかに見え小鳥の喜びが伝わってくるようでした。私も同じだよって!

by minitayori | 2010-02-19 10:59 | Trackback | Comments(1)

キヨセタヨリ2月18日

e0191585_1053209.jpg


是非お近くの教会にお出かけください。神様のお声が聞こえてきますよ。

by minitayori | 2010-02-19 10:54 | Trackback | Comments(0)

50年来の友人が訪ねてきてくださり、花を下さった。

e0191585_10381445.jpg


部屋に入りきれないので、廊下の出窓に飾っていたら、皆さんが見に来てくださり、みんなに見てもらいたいと、お花の先生がロビーのところに飾ってくださった。カザブランカ、紫のカーネーション珍しい花に皆さん大喜びでした。外は雪、でも中は温かい会話の輪ができました。ありがとう。

キリエは「私は良いブドウの木、あなた方はその枝。私につながっていなさい」

by minitayori | 2010-02-19 10:42 | Trackback | Comments(0)

次の日は今年二度目の大雪でした。

e0191585_10313912.jpg
e0191585_1033258.jpg


散歩道もふきのとうも、梅の花も雪化粧。それはそれは寒い朝でした。でも雪が降り、ゆっくり溶けて草花を育てる、神様の温かいご配慮を感じました。

by minitayori | 2010-02-19 10:35 | Trackback | Comments(0)