夕顔とカマキリ

e0191585_2245983.jpg


夕暮れに見事な夕顔の花を写していたら、珍しいカマキリがいた。
妙に懐かしさを感じたひと時だった。

by minitayori | 2010-08-26 22:05 | Trackback | Comments(0)

次週日課の手話訳

2010・8月29日(日)聖霊降臨後第14主日 ルカによる福音書14:7-14
(*印は手話訳)

14:7 イエスは、招待を受けた客が上席を選ぶ様子に気づいて、
 *イエス様 招かれた 客 一番 良い 場所の 席を 選ぶ 様子を 見て

彼らに    たとえを話された。
*弟子たちに 良く分かる 例で 話された

8「婚宴に招待されたら、上席に着いてはならない。
 *祝い 場所に 招かれた 時 最初に 一番良い席 座る だめ

あなたよりも身分の高い人が招かれており、
 *あなた より 立派な 人 招く 約束 あり

9あなたやその人を招いた人が来て、
 *あなた 立派な人 招いた 主人が来て

『この方に席を譲ってください』と言うかもしれない。
*「この人に 席 変わってください」、言う かもしれない。(かも=?の動作)

そのとき、あなたは恥をかいて末席に着くことになる。
*その 時 あなた 恥ずかしい 気持ちを持って 下の席に変わる。

 10招待を受けたら、むしろ末席に行って座りなさい。
 *招かれた 時   まず 下の 席に 座り なさい

そうすると、あなたを招いた人が来て、
 *その時  あなた 招いた 主人 来て

『さあ、  もっと 上席に     進んでください』 と言うだろう。
 *どうぞ もっと 良い席(上の席)に お座りください と言われる と思う

そのときは、同席の人      みんなの前で 面目を施すことになる。
 *その時 あなた 集まっている人 みんなの前 恥が ない

 11 だれでも  高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」
 *人 みんな 高慢な人は 低く 降ろされ 謙遜な 人 尊敬を 受ける。

「一言」
 今日のイエス様のお話は、旅の途中で弟子たちに話されたものです。弟子たちの心に芽生え始めたであろう序列争いの芽、天国では誰が一番偉いのか、という思いを見抜かれたイエス様の忠告ではないかと思う。祝宴に招かれる時、その席順を決めるのは招かれた主人です。神様の国の祝宴に招いてくださるのは神様です。神様はイエス様と言う招待状を送ってくださいました。神様はその招待状を持って、天の国の祝宴に行くものすべてに、一番良い席を用意していてくださるのです。

 今日はマザーテレサの生誕百年、カトリックでは特別のミサが行われたそうです。テレサのことば「今日の最大の病気は、らいでも結核でもなく、自分は居ても居なくてもいい、だれもかまってくれない、みんなから見捨てられていると感ずることである。」この言葉に私は熊本で出会いました。マザーの展示会にあった言葉です。
 マザーはそんな人はいないはずだ。そのような人がいてはいけないんだ、そのことを言いたかったのではないでしょうか。それこそまさに、神様のお心なのです。

by minitayori | 2010-08-26 22:03 | Trackback | Comments(0)

名も知らぬ花

e0191585_21571111.jpg


散歩道にふと目に入った花。小さな花だったが紫の葉につつまれてかわいかった。

by minitayori | 2010-08-26 21:58 | Trackback | Comments(0)

朝顔 赤 青

e0191585_215227.jpge0191585_21523067.jpg

緑の葉だけになった庭に、ひっそりと咲いていた。見つけてよかった。

by minitayori | 2010-08-26 21:53 | Trackback | Comments(0)

百日紅

e0191585_2148116.jpg


ケアハウスの庭にある百日紅。青空に赤が美しい。

by minitayori | 2010-08-26 21:49 | Trackback | Comments(0)

最後に咲く奇妙なアジサイ(タマアジサイ)

e0191585_21455263.jpg


つぼみを良く見ると宇宙人のようだった。

by minitayori | 2010-08-19 21:46 | Trackback | Comments(0)

不思議な車庫

e0191585_2140560.jpg


いつも食卓で話題になる車庫がある。92歳の方が一時間の散歩の時にこの車庫の前を通る。そして、その日の食卓には、この車どうして入れたのだろう、入れた後、運転手はどこから出るのだろう、という話で盛り上がる。

by minitayori | 2010-08-19 21:41 | Trackback | Comments(0)

8月22日の聖書を手話で読む

聖書日課の手話訳
2010・8月22日(日) 聖霊降臨後第13主日 ルカによる福音書13:22-30
13:22 イエスは町や村を巡って教えながら、エルサレムへ向かって進んでおられた。
*イエス様 町 村 いろいろ 場所 教え(説教・説明) エルサレム(指文字) 場所 行く
 
23すると、「主よ、救われる者は少ないのでしょうか」と言う人がいた。
* 行く 途中 弟子たち イエス様に 言う 主よ、 救い いただく 人 少ない か?

イエスは一同に言われた。 24「狭い戸口から入るように努めなさい。
*イエス様は みんなに 言った。 狭い 門 から 入る 努力(一生県命)する

言っておくが、入ろうとしても入れない人が多いのだ。
*はっきり 言う。入りたい と思う けれども 入れない人 多い
*        入りたい と思う けれども 入る 大丈夫 少ない


25 家の主人が立ち上がって、戸を閉めてしまってからでは、
* 家の主 約束時間 立ちあがって 戸を閉める(両手を広げて閉じる動作) 後

あなたがたが外に立って戸をたたき、『御主人様、開けてください』と言っても、
*あなたがた 家の外 立ち 戸を たたき 「主 開ける お願い」と言う けれど

『お前たちがどこの者か知らない』という答えが返ってくるだけである。
*「わたし お前たち 誰? 知らない」 家の 主人 はっきり 言う。

26 そのとき、あなたがたは、『御一緒に食べたり飲んだりしましたし、
*その時 あなた方は 言う「わたしは 主と 一緒に 食事 飲む いろいろしました」

また、わたしたちの広場でお教えを受けたのです』と言いだすだろう。
*また、「私たち 広場で 教えを 聴き 受けた」 と言う と思う。

27しかし主人は、『お前たちがどこの者か知らない。
*しかし、主人 「わたし お前たち 誰 知らない。

不義を行う者ども、皆わたしから立ち去れ』と言うだろう。
*悪い 行う 人々 みんな 私の家 離れ 行け」と言う はず(当たり前)

28あなたがたは、アブラハム、イサク、ヤコブやすべての預言者たちが
*あなたがた (名は指文字 または 昔の 偉い人) 預言者(神の心を通訳する人)

神の国に入っているのに、自分は外に投げ出されることになり、
*みんな 神の国に いる けれども 自分 神の国の 外 投げ捨てられる。

そこで泣きわめいて歯ぎしりする。
*その場所(投げ出された場所の意) 泣き 苦しむ

29 そして人々は、東から西から、また南から北から来て、神の国で宴会の席に着く。
*そして 他の人々 東 西 南 北 場所から 集まって 神の国の 祝いの場に座る

30 そこでは、後の人で先になる者があり、先の人で後になる者もある。」
神の国では 後ろの 人 一番に  一番の 人 最後に なる 人がある

神様の国への招きは、神様ご自身が決められます。基準は神様のお心にかなっているかどうかです。心から神様を愛し、すべての欲望を捨てて素直に従う人が、狭き門を通って神様の国に入るのです。イエス様は言われました。「幼子のようになりなさい。」と。

by minitayori | 2010-08-19 21:38 | Trackback | Comments(0)