やっと見つけたクロッカス

e0191585_1493750.jpg


玄関の庭の冬がれした草の間に。小さなクロッカスの花が咲いていた。注意しなければ
わからないような小さな花だったが、わたしの胸はわくわくし、クロッカスも微笑んでいる
用だった。一年ぶり。元気でよかったね。

by minitayori | 2011-02-25 14:12 | Trackback | Comments(0)

赤松と梅

e0191585_1421911.jpg


裏庭には赤松が3本ある。むかしこのあたりは松山と呼ばれるほど赤松があったそうだ。
近くの小児病院が壊されることになり、その敷地内にある多くの赤松の保存を嘆願している。
わたしも署名に参加したが、一度失われた自然は回復しない。大切にしてほしい。

by minitayori | 2011-02-25 14:06 | Trackback | Comments(0)

2月27日聖書日課の手話訳

011・2月27日(日)顕現節第9主日 マタイによる福音書7:15-29  
7:15 「偽預言者を警戒しなさい。
*うそを言う 預言者(神の言葉を語る人) 危ない 注意しなさい。

彼らは羊の皮を身にまとってあなたがたのところに来るが、その内側は貪欲な狼である。
*彼らは優しい羊の皮をかぶって あなた方の所に来るが その内側は人を殺す獣

16 あなたがたは、その実で彼らを見分ける。
*あなたがたは 実った実で、良い悪いを見分ける。

茨からぶどうが、あざみからいちじくが採れるだろうか。
*茨からぶどうの実が あざみから イチジクの実が とれるか

17 すべて良い木は良い実を結び、悪い木は悪い実を結ぶ。
*すべて 良い木だけが 良い実を結び 悪い木は 悪い実を結ぶ

18 良い木が悪い実を結ぶことはなく、また、悪い木が良い実を結ぶこともできない。
*良い木が 悪い実を 結ばない  また悪い木は 良い実を結ぶ子は できない

19 良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。
*良い実を 結ばない木は  切り倒されて 火に投げ込まれる

20 このように、あなたがたはその実で彼らを見分ける。」
*このように あなたがたは その実で 人を見分けなさい

21 「わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るわけではない。
*私に向かって 「主よ、主よ」と口先で言う者が 天の国に 入るのではない

わたしの天の父の御心を行う者だけが入るのである。
*私の天の父の 御心を 行う者だけが 天の国に入ることができる。
e0191585_140219.jpg


聖書より一言

このみ言の後に、良く語られる岩の上に建てられた家と、砂地に建てられた家の結末についてのお話が記されています。砂は細かいものの集まりで、風が吹けば飛び、水が流れてくれば一緒に流れてしまう。しかし、岩は一つで固まっており風にも水にも壊されることはない。この時にもNZの大地震のことが報道されている。この国も埋め立てて拡張して町を作ったとのこと。地震の規模の割に被害が大きかったのは、地盤の液状化が大きな原因だと一部で言われている。砂は人間の知識や知恵、力で固められた人生と言える。岩とは
イエス様がかつて、ペトロが「あなたこそ神の子メシヤです」と告白した時、ペトロを岩となずけ、この上に教会をたてると言われた。もちろんペトロの上ではなく、ペトロの告白した「あなたこそ生ける神の子、メシアです」と言う信仰を教会の土台に据えたのです。
教会はいつもこの告白の上に立ち、交わりの中心もこの告白にある。イエス様をメシヤ(救い主)と仰ぎ、イエス様の歩まれた道、愛の道をおのれの道として歩むものこそ、天の国に入ることができるのです。あなたもできます。天の国に入れます。

by minitayori | 2011-02-25 14:00 | Trackback | Comments(0)

みかんとメジロ

e0191585_13495671.jpg


食堂の窓際にある梅と桃の木がある。桃の木の途中に小鳥の好きな人がみかんをつけた。
いろいろな小鳥が来るが、梅にメジロが一番合いますね。目の周りの白いめがね?が
とても愛くるしい。朝ごはんと昼食の時間に必ず来てくれます

by minitayori | 2011-02-25 13:54 | Trackback | Comments(0)

春を告げる花

e0191585_13433542.jpg


冬枯れの草の中に小さな枝が残っており、黄色の小さな花が咲いていた。何枚も写したが
春風に吹かれてピントが合わない。でも庭を回ってやっと見つけた春の花、喜びとともに
紹介します。

by minitayori | 2011-02-25 13:48 | Trackback | Comments(0)

一輪の梅の花

e0191585_21101298.jpg


満開の梅ノ木も美しいが、闇に浮かぶ一輪の梅の美しさも心に響く。
でもなんとなく寂しそう。

by minitayori | 2011-02-18 21:13 | Trackback | Comments(0)

松竹梅

e0191585_213394.jpg


ケアハウスの入り口に竹林がある。そこに一本の梅ノ木が花をつけていた。後ろに
竹、赤松が茂っていた。松竹梅、がそろいました。

by minitayori | 2011-02-18 21:06 | Trackback | Comments(0)

日課の聖書、手話訳

2011 2月20日(日))顕現節第8主日 マタイによる福音書6:24-34

6:24「だれも、二人の主人に仕えることはできない。
*人 皆 二人(親指を右左に離す) 両方一緒に従うことはできない

一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。
*一方を 憎み 他を 愛する または 一方を大切にし 他方を軽蔑するか、どちらかひとつ

あなたがたは、神と富とに仕えることはできない。」
*あなた方は 神と お金と 一緒に愛することはできない

25「だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、
*だから、言います。 自分の命のことで 何食べる 何 飲むか 

また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。
*また 自分の体のこと 何を着るか 心 不安 だめ 

命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。
*命は 食べ物より 大切  体 着るものより、大切 知っているはず

26空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。
*空の鳥を注意して 見なさい  種 まかない 刈り入れ しない 蔵にしうこともしない

だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。
* しかし、 あなたがたの 天の父は 鳥を食べ物を与え守っている

あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。
e0191585_2113886.jpg

*あなた方は 鳥より もっと大切 です

聖書より一言
 *心配という漢字よく見てください。心を配ると書いてあります。これは漢字のもつ面白さです。今日の聖書で言っているのは、心を配るのは誰かということではないでしょうか。あなたが配っても、的外れであったり、何もできません。しかし、あなたを愛して心を配ってくださる方がいるのです。神様です。草花や小鳥にも心を配っていてくださる方が、大切な人間、あなたに心を配らないはずはありません。
神様は御ひとりごを十字架につけるほどにあなたを愛していてくださいます。つまり心を配っていてくださるのです。「あなたは愛されるために生まれた」韓国ではやった歌です。日本語に訳されて歌われています。あなたは愛されています。神様の心は変わらない。

by minitayori | 2011-02-18 21:01 | Trackback | Comments(0)