コスモス

e0191585_2024656.jpg


コスモスの花を見ると長野の景色を思い出す。アルプスの山々の頂に白い雪。
黄金色の稲穂、緑の草原、空気が良いせいかコスモスの色が鮮やかだった。
でもこの清瀬のコスモスも近くの公園の片隅の花だが、とても綺麗に感じた。
花は美しく咲く、一生懸命置かれた場所で咲いている。

by minitayori | 2011-09-30 20:07 | Trackback | Comments(0)

すすき

e0191585_19513542.jpg


秋を告げるススキ。暑さのせいかはなにまではいっていなかったが、やはり
秋を感じさせる代表の花ですね。でも少し寂しさを感じさせられました。
秋でしょうか。

by minitayori | 2011-09-30 19:56 | Trackback | Comments(0)

第2課0203創世記聖研手話訳

0203創世記聖研手話訳

2.また、聖書を正しく知るためには、聖書の書かれた時代や生活様式、その時代のものの考え方などを知って置く必要があります。人間の心を表現する手段である「ことば」は、その時代の中で生まれ、使われるものであるからです。
「ことば」は時代によって変るものです。この事は手話を学んでいますと、よく分かります。家の形、旅の仕方、洗濯の仕方など、昔と今ではすっかり変わってしまったものも沢山あります。
3.聖書の一つ一つの「ことば」や、「物語」を学びますとき、どのような時代の、どのような生活習慣の中で語られたものであるかを、正しく理解できるような努力をする必要があります。さらに、聖書を正しく知るためには、聖書の記述のしかたや、何のために書かれたのかと言う目的なども知る必要があります。


<手話訳>
>2.また、聖書を正しく知るためには、聖書の書かれた時代や生活様式、
* また 聖書を 正しく 理解する ためには 聖書の 書かれた 時代の様子

>その時代のものの考え方などを知って置く必要があります。
*昔 時代 考え 方法 など 知る  必要 ある

>人間の心を表現する手段である「ことば」は、その時代の中で生まれ、
*人間の 心を 表す 方法である ことばは 

>使われるものであるからです。「ことば」は時代によって変るものです。
*使う        です  「ことば」 その 時代 時代で 変わる

>この事は手話を学んでいますと、よく分かります。
*この事は 手話 学ぶ 時   はっきり 分かる

>家の形、旅の仕方、洗濯の仕方など、
*家 形 度の 方法 洗濯の やり方 など(いろいろ)

>昔と今ではすっかり変わってしまったものも沢山あります。
*昔 今 比べて まったく 変わった 沢山 ある。

>3.聖書の一つ一つの「ことば」や、「物語」を学びますとき、
*  聖書 言葉 ひとつひとつ お話 学ぶ 時

>どのような時代の、どのような生活習慣の中で語られたものであるかを、
*何 時代      なに 状態 生活方法 中 語られたか

>正しく理解できるような努力をする必要があります。
*正しく 理解 する 努力 必要 ある。

>さらに、聖書を正しく知るためには、聖書の記述のしかたや、
*さらに 聖書 正しく 理解する ため 聖書の 書く 方法

>何のために書かれたのかと言う目的なども知る必要があります。
*書かれた 目的 何? と言う こと 知る必要 ある。


e0191585_19465682.jpg


「学びから一言」
聖書に取り組もうとすると、さまざまな疑問が生じてきます。時には私たちの今の常識では考えられないこともあります。それを無理に現代の私たちの知識の中に取り込んで理解しようとすると、正しく神様のお心を理解することは出来なくなります。
昔のことですが、障害者の親から「うちの子供は何故障害を持たなければならなかったのでしょう?」と言う質問を受け、当時若かった私は、答えに非常に悩んだことがあります。この疑問はほとんどの障害者が、その人生の中で繰り返し自問している事柄です。
日本的には、先祖が悪いとか、血が汚れているとか言われます。聖書の中にも眼の見えない人に、この人の眼が見えないのは誰が罪を犯したのでしょうか、本人ですか、親ですか?と弟子たちが質問しました。
イエス様は、この問いに、この人を通して神様の栄光が現れるためだと言われました。
私は創世記の1章の学びでこの答えをいただきました。神様が全ての人をそれぞれ違った個性を持って造られ、皆必要なものとして、互いに助け合うことを求めて造られた。だから、障害を持っていてもあなたは神様に祝福された大切な人ですよ、といえるようになりました。この学びの中で説明していきたいと思います。

by minitayori | 2011-09-30 19:48 | Trackback | Comments(0)

柿とざくろの実

e0191585_1933636.jpg
e0191585_193334100.jpg


隣の病院の裏に散歩に行った。大きな桜の木が根こそぎ倒れていた。
近くにあった小さな柿の木とざくろの木に綺麗な実がついていた。
秋が確実に近くなっていることを感じた。

by minitayori | 2011-09-30 19:37 | Trackback | Comments(0)

台風の置き土産

e0191585_19251593.jpg


隣の東京病院の空き地の大木が台風で裂けて倒れた。青空の下、早速子供たちが
自然のジャングルジムで嬉々として遊んでいた。倒れ木も、子供には楽しい遊び場。
どんなになっても、生かして用いられる。倒れた枝も嬉しそう。

by minitayori | 2011-09-30 19:29 | Trackback | Comments(0)

竹やぶに守られた小さな菊?

e0191585_14132310.jpg


今ケアハウスには余り花がない、これから秋の花が咲くのを待っている。
小さな花だが、竹やぶの中の暗いところで、黄金色に咲いている可憐な花。
おとなしく優しい花だ。

by minitayori | 2011-09-23 14:06 | Trackback | Comments(0)

カンナの花

e0191585_13423880.jpg


散歩道の雑木林の中は何本か木が倒れていた。風がそれほど強かったのだと思い知った。
出口のところにカンナの花がいつも咲くが、大きく咲いた花は風で破れていた。
若い小さな花が大きな葉守られて残っていた。

by minitayori | 2011-09-23 13:46 | Trackback | Comments(0)

24の1創世記聖研手話訳

2の1創世記聖研手話訳

第2課 神の意図

1.神様の福音を手話で伝えるためには、単に、言葉を手話に置き換えだけではだめです。まず、自分が神の福音を正しく理解していなければなりません。どんなに手話が上手になっても、それだけでは、聴覚障害者の人々によく分かるような手話通訳をすることはできないのです。いつも、神が、何を、私に、語ろうとしているか、を聞く心を持ちましょう。


第2課 神の意図

>1.神様の福音を手話で伝えるためには、
* 神様の お心を 手話で 伝える ために
注)福音=幸せ+お話(教え)と表現する場合もあるに

>単に、言葉を手話に置き換えだけではだめです。
 *  言葉 手話に 変える だけ 足りません

>まず、自分が神の福音を正しく理解していなければなりません。
*まず第一に 自分 神の 福音の内容 正しく 理解 必要

>どんなに手話が上手になっても、それだけでは、
*大変 手話 上手 でも 手話の動きだけ だめ

>聴覚障害者の人々によく分かるような手話通訳をすることはできないのです。
ろう者 人びと よく 分かる 手話通訳 する 難しい

>いつも、神が、何を、私に、語ろうとしているか、を聞く心を持ちましょう。
*いつも 神様 私に 何 教えたいか 素直に 聞く 心を持ちましょう。


e0191585_13382769.jpg

「学びから一言」
 聖書を読んでいて、まず私たちは自分の経験や知識を、聖書理解のもとにしようとします。その結果、聖書の言葉に疑問や理解できないことや、納得できないことを感じてしまいます。聖書は旧約聖書を書いた人々の信仰告白、信仰に立って神様の御心を聞いて書かれた書物と言うことができます。あなたへの神様からの手紙です。ですから、神様の世界や造られたものへの愛情を受け止める心を持って読んで、神様のお心に触れて、初めて理解できるものではないでしょうか。あなたにそのような読み方をしてほしいと思います。

by minitayori | 2011-09-23 13:38 | Trackback | Comments(0)