黄金色のバラ?

e0191585_19432315.jpg


散歩の途中、他人様の庭に咲いていた綺麗なバラ。写させてください、と頼むと
もう少し早いともっといろいろ咲いていたのにね、と快く承諾してくださった。
バラのように素敵なお母さんだった。

by minitayori | 2011-10-29 19:47 | Trackback | Comments(0)

キヨセタヨリ10月28日

e0191585_19352588.jpg


キヨセタヨリをいつも読んでくださる皆さんへ心より感謝いたします。
ありがとう!!

e0191585_19391273.jpg

by minitayori | 2011-10-29 19:39 | Trackback | Comments(0)

ハナミズキの実

e0191585_11284510.jpg


隣の東京病院の庭にハナミズキの木が何本もある。春に綺麗な花を見せてくれるが
今は美しい実をつけていた。
生涯の終わりに、自分に何か実るものがあるだろうか。花も実も神様のなせる業ですね

by minitayori | 2011-10-29 11:32 | Trackback | Comments(0)

78創世記聖研手話訳

78創世記聖研手話訳

7.以上のことを念頭において、創世記の1~2章を読んでみましょう。ここには、ヘブル人特有の視覚的な記述の仕方が見られます。ですから、一つ一つの物語を文字どおりでなく、その中に示される大切な教訓を読み取って行くように努力してください。
8.さて、創世記2章には、再び、人間の創造について書かれています。1章では、人間の使命と、それを正しくなし得るために、人間が神に似せて造られたことが記されています。2章では、人間が何によって造られたか、また、何によって生きるものにされているかが語られているのです。


<手話訳>

>7.以上のことを念頭において、創世記の1~2章を読んでみましょう。
*いままでお話したことを 考えながら 創世記 1章から 2章を読む

>ここには、ヘブル人特有の視覚的な記述の仕方が見られます。
*ここに書いてあるのは、 へブル 人たち 特別 絵画的な 書き方が ある。

>ですから、一つ一つの物語を文字どおりでなく、
*だから、一つ一つの お話を 書いてある文字 同じに 見るのでなく

>その中に示される大切な教訓を読み取って行くように努力してください。
*その話の 中に ある 大切な 教えを 読み取る 努力 する お願い

>8.さて、創世記2章には、再び、人間の創造について書かれています。
*その話は横に置いて 創世記2章の所には また 人間の創造 書いてある

>1章では、人間の使命と、それを正しくなし得るために、
*1の所では 人間の 責任 それを 正しく 行うために

>人間が神に似せて造られたことが記されています。
*人間 神に 似せて 造られた と書かれています。

>2章では、人間が何によって造られたか、また、
*2章の所  人間が 何によって 造られたか また

>何によって生きるものにされているかが語られているのです。
*何 よって 生きる 人に されたかが 語られている。

e0191585_1124339.jpg

<手話訳から一言>
ここでは特に人間の創造について考えておきたい。2つの人間創造が書かれている。なぜだろうか。最初の創造には、神様は我々にかたどって、と言われている。神は唯一の方がなぜ複数で書かれているのだろうか。それは神様の性格、愛、清さ、優しさ、創造力などを人間に付与されたことを意味するのではないだろうか。この人間に神様はお造りになったものを支配するように委ねられた。支配と言っても勝手にすると言う意味ではなく、支えを配る、愛の業を神様の御心に従って行うことを望まれたのです。
第二の創造では、土のちりで形を造り、鼻から息を吹き込まれて、人は生きるものとなった、と記される。神の息、それは聖霊ともいえる。神様の御心を良く理解させる方。イエス様が十字架にかかられた後の弟子たちが、聖霊降臨を受けてはじめて福音の本心を理解し、人々に伝えた。最初の人間はこの世界を神様のお心に従って支え守ってゆくことを神様から望まれているのです。あなたの心の中心に神様のお心がありますか。

by minitayori | 2011-10-29 11:25 | Trackback | Comments(0)

ケアハウスの中庭にラッパの花の大群が

e0191585_11185845.jpg


e0191585_11181390.jpg


ラッパのように大きなユリ科の花。最初はびっくりしたが、今年はその多さに
びっくりした。今年になって3回目の開花。頑張っている。

by minitayori | 2011-10-29 11:20 | Trackback | Comments(0)

心惹かれた花

e0191585_1284426.jpg


近くの家の植木の根元に咲いていた花。周りが緑一色だったので特に心引かれた。
自分のおかれた場所で、一生懸命咲いているから美しいのですね。

by minitayori | 2011-10-21 12:11 | Trackback | Comments(0)

クレマチス

e0191585_11312397.jpg


一昨年もらったクレマチスに花がついた。昨年は白い花になってしまったが
今年はいただいたときの紫になった花の命のたくましさでしょうか。

by minitayori | 2011-10-21 11:33 | Trackback | Comments(0)

2課5と6創世記聖書研究手話訳

2課5と6創世記聖書研究手話訳

5.日本には、伝統的に語り継がれている童話があります。また、地方には民話があります。これらのお話は、優しく、しかも覚えやすい話しです。しかし、お話の中には大切な教訓を含んでいます。たとえば、ウサギとカメの話し。桃太郎の鬼退治の話しなど、子供のときに聞いたお話は、大人になっても覚えています。
6.旧約聖書の時代には、今のように本がありませんでした。お話しは口で語られ、耳で聞いて覚えるしかありませんでした。この様な伝達の方法を「口伝」(くでん)と言います。この口伝が、より正確に行われるためには、覚えやすいお話しであること、また具体的で分かりやすく、興味深い話しであることが必要であったのです。

<手話訳>
>5.日本には、伝統的に語り継がれている童話があります。
*日本      昔から 話し 続ける 簡単な(子供に分かる) 話し ある。

>また、地方には民話があります。これらのお話は、優しく、しかも覚えやすい話しです。
*また 田舎 土地にあった お話がある。この話 簡単 また 覚える 早い 話し

>しかし、お話の中には大切な教訓を含んでいます。たとえば、ウサギとカメの話し。
*しかし、話し簡単 けれども 大切な 教え ある。たとえば ウサギ 亀 話し

>桃太郎の鬼退治の話しなど、子供のときに聞いたお話は、大人になっても覚えています。
*桃 男の子 鬼 倒す 話し など 子供 時 聞いた 話し 大人 覚えている。


>6.旧約聖書の時代には、今のように本がありませんでした。
* 昔の 旧約 聖書の 時 今と 違う 本 ない

>お話しは口で語られ、耳で聞いて覚えるしかありませんでした。
*お話 口で 語り  耳で 聞いて 覚える だけ

>この様な伝達の方法を「口伝」(くでん)と言います。
*この 伝える 方法 「口伝=指文字、または空文字」 と言う 

>この口伝が、より正確に行われるためには、覚えやすいお話しであること、
*この 口伝 正確に 行う 為に     簡単 覚える できる 話し

>また具体的で分かりやすく、興味深い話しであることが必要であったのです。
*また 見えるように 分かりやすく 魅力ある 話し 必要だった。

e0191585_11281632.gif

(手話訳より一言)
 口伝と言うのは、紙のない時代にはどこでも行われていたことではないでしょうか。
童話や民話などは世界中にあります。たとえばウサギとカメのお話は、日本中どこに行っても、同じ話として覚えられています。聖書の時代には、老人が、親が子供たちに神様のお話を話して聞かせ、そしてその中で人として守るべきこと、人間として必要なことが教えられていきました。今は、テレビやパソコンの時代になってしまいましたが、人間の温かみのある視聴覚補助物が教会でももっと用いられるといいと思います。
 お絵かきや工作などによって、先生と語り合い、質問したりして学べるようになるといいですね。聖書を読む時も、文字ではなく、背後にいらっしゃる神様と心を通わせて読むともっと神様の温かさ、愛の深さな心に響いてきます。

by minitayori | 2011-10-21 11:28 | Trackback | Comments(0)

孤高のバラ

e0191585_11203061.jpg


花の少なくなった時期に、必ず咲く赤いバラ。落ち葉の季節なのに、凛と咲く
赤いバラに感動する。古いバラの木のようだが、赦される限り自分の務めを
果たしている姿は、励まされ、勇気をもらえる。

by minitayori | 2011-10-21 11:24 | Trackback | Comments(0)