柿とすずめ

e0191585_1415039.jpg


敷地内の柿の木に綺麗な実がなっていた。騒がしいのでみていると、何羽かの
すずっめが、熟した実をついばんでいた。私のブログもすずめが喜ぶように、
読んでくださる方に神様の惠を届けたいと願っていました。
ありがとう! 又いつの日か再開できることを心に願っています。

by minitayori | 2011-11-18 14:06 | Trackback | Comments(0)

2000回最後のキヨセタヨリ11月18日

e0191585_13465486.jpg


長い間、お付き合いいただき、又愛読いただきありがとうございました。
このキヨセタヨリは、私が小石川教会に赴任したときから始めました。
日曜日に一度だけ会う会員の人びとが、共通の話題と、興味を持ってき
てくれたらと言う目的ではじめました。最初はガリ版で手刷りのもので
した。それから和文タイプになり、ワープロになり今日に至りました。
約2000回の間、小石川では60枚くらい、飯田ではイイタヨリと名前を
変えて50枚くらい、熊本では、ミニタヨリに戻って毎週90枚くらい出し
てきました。その大部分の葉書は会員の皆さんの献品だまかなうことが
出来ました。励ましのお手紙をいただいたり、お叱りを受けたりしまし
たが、読んでくださっている印と喜んで受けさせていただきました。
引退して2000回までどうしても続けたいと、ブログで始めました。
まもなく4000人の方が見てくださったことになります。
皆さんありがとうございました。ブログは先の方を読みたい方のために
しばらく残します。キヨセタヨリはこれで終わりますが、又何か新しい
ことを考え出すでしょう。
 あなたのために神様の祝福を祈りつつ!
e0191585_13594095.gif

by minitayori | 2011-11-18 13:59 | Trackback | Comments(0)

山茶花の花

e0191585_13391833.jpg


山茶花の花が敷地の花壇に咲いていました。この清瀬には山茶花を家の周りに植
えている人が多いから、これから毎日見られるでしょう。ただ、山茶花の季節は
冷たい雨の季節。氷雨にぬれた山茶花はかわいそう。美しい花より、寒そうにふ
るえているような花ばかりですね。でも綺麗だよ!と言って励ましています。

by minitayori | 2011-11-18 13:43 | Trackback | Comments(0)

2課11創世記聖研手話訳

2課11創世記聖研手話訳

11.まず、「生きること」について考えてみましょう。ヘブル人は、「真に生きること」とは、造られた目的に添って、生き生きと喜んでいきていることを意味していました。日本の言葉にも「物を生かして用いる」、と言う言葉がありますが、この言葉の意味も、命が与えられ、存在させられている生の目的に添って、自分の人生を生きることを意味して居るのです。
12.では、「生かされ、与えられている目的に従って、いきいきと生きること」、つまり、人間が本物の・本来の人間として、神様の目的に生き生きと生きることができるのでしょうか。「神様が造られた目的に添って、生き生きと生きること」
は人間の力だけでは、とてもできることではありません。

<手話訳>

>11.まず、「生きること」について考えてみましょう。
*最初に 「生きる 状態」 について 考えたいと思います。

>ヘブル人は、「真に生きること」とは、造られた目的に添って、
*へブルの人々は 本当に 生きること の意味を 造られた 目的にあった

>生き生きと喜んでいきていることを意味していました。
*元気に 喜んで 生活している 状態を 意味していた。

>日本の言葉にも「物を生かして用いる」、と言う言葉がありますが、
*日本の 教えの中 「物を そのものに ふさわしく 使う」 と言う言葉がある。

>この言葉の意味も、命が与えられ、存在させられている生の目的に添って、
*この 教えの 意味 命を 与えられ 生かされている その 目的に そって

>自分の人生を生きることを意味して居るのです。
*自分の 日々の 生活を 送ると言うことを 意味しています。

>12.では、「生かされ、与えられている目的に従って、いきいきと生きること」、
*そのことは置いておいて 「命 与えられ 生きる目的 合わせて 喜んで 生きる

>つまり、人間が本物の・本来の人間として、
*つまり(要約すると) 人間が 本当の 人間 合った

>神様の目的に生き生きと生きることができるのでしょうか。
*神様の 目的 合わせて 正しく 喜んで 生きる できるか。

>「神様が造られた目的に添って、生き生きと生きること」は
*神様 造っていただいた 目的に 合わせて 喜んで生きる と言う意味は

>人間の力だけでは、とてもできることではありません。
*人間の 力だけで 完全に する 大変 難しい。
e0191585_13364585.gif


<一言>
 生きがいと言う言葉を良く聞きます、今の若い人の中にもこの問題について悩んでいると言うことも聞きます。生きがい、それは自分が何ぜ生まれ、何のために生きているかと言うことへの疑問です。それはこれからの進路を決めようとしている人々が、自分の行きたいところ、やりたいことが見出せない焦燥感、でもあります。しかしそれは、高齢者になってもあります。定年を迎えたまじめなサラリーマンが、明日から会社に行かなくてもよいと言われて、自分がこれから何をしようかと思ってしまう。定年うつと言う言葉ができるほど、第二の人生に絶望しか見えないのは哀しいことです。国の状況が違うかもしれませんが、欧米では、さあ定年だ、これから神様と人に仕える人生が送れると期待に胸膨らませると言う話を聞きました。高齢者の施設に入って、体も不自由になったある方が何で生きていなければならないのでしょうか、と聞いてきました。
 わたしたちは生きているのではなく、生かされているのですよ。神様が必要だから、今日と言う命を下さったのですから、なんの役立つかではなく、神様に役立てていただけるように、今日と言う日を神様の前で、神様のみ声を聞きながら生きることが大切ですよ、と答えました。しかし、これはその人への答えではなく、自分への答えでした。神様に生かされている。命をいただいている。日々を感謝して、神様と人のために尽くして生きたいですね。

by minitayori | 2011-11-18 13:36 | Trackback | Comments(0)

綺麗に咲いた小菊の花

e0191585_1318026.jpg


花が来ました。冬の花とも思えないのですが、綺麗に形作られた小菊の花が
形よく咲いていました。

by minitayori | 2011-11-18 13:19 | Trackback | Comments(0)

名も知らぬ花

e0191585_1361581.jpg


道端に一輪だけ咲いていました。よく知っているような、違うような花。
名前を間違えると失礼なので、慰めの花とでもいいましょうか。
確かに道を歩いていると、ふと眼に留まる花に慰められます。
ありがとう。小さな花よ。もっとみんなの見えるところで咲きたかったろう。
何も言わずに精一杯咲いている花に勇気をもらったよ。

by minitayori | 2011-11-11 13:12 | Trackback | Comments(0)

キヨセタヨリ11月11日

e0191585_12553934.jpg


どきどきしています。
e0191585_1331657.jpg

by minitayori | 2011-11-11 13:03 | Trackback | Comments(0)

ススキ

e0191585_12521444.jpg


ススキの花が咲いて、綿のような柔らかい穂を風に揺らしていました。
寒さの中、心温まる神様の贈り物、と感じました。

by minitayori | 2011-11-11 12:54 | Trackback | Comments(0)

2課1112創世記聖研手話訳

2課1112創世記聖研手話訳

11.まず、「生きること」について考えてみましょう。ヘブル人は、「真に生きること」とは、造られた目的に添って、生き生きと喜んでいきていることを意味していました。日本の言葉にも「物を生かして用いる」、と言う言葉がありますが、この言葉の意味も、命が与えられ、存在させられている生の目的に添って、自分の人生を生きることを意味して居るのです。
12.では、「生かされ、与えられている目的に従って、いきいきと生きること」、つまり、人間が本物の・本来の人間として、神様の目的に生き生きと生きることができるのでしょうか。「神様が造られた目的に添って、生き生きと生きること」は人間の力だけでは、とてもできることではありません。

<手話訳>

>11.まず、「生きること」について考えてみましょう。
*最初に 「生きる=体+元気」 という 意味 考える

>ヘブル人は、「真に生きること」とは、造られた目的に添って、
*ヘブル(指文字)人々 「本当に 生きる」 意味 造られた 目的 合う

>生き生きと喜んでいきていることを意味していました。
*喜んで 元気に 生きている 意味 でした。

>日本の言葉にも「物を生かして用いる」、と言う言葉がありますが、
*日本の 言葉「物 その物に 合うように 用いる」 という 言葉 ある

>この言葉の意味も、命が与えられ、存在させられている生の目的に添って、
*この 言葉 意味 命 受け 今 生きている 自分の命 目的に あった

>自分の人生を生きることを意味して居るのです。
*自分の 人生を 生きている 意味が ある。

>12.では、「生かされ、与えられている目的に従って、
*では、 「命与えられた 目的に 合わせて

>いきいきと生きること」、つまり、人間が本物の・本来の人間として、
*喜んで 生きること」 その意味 人間の 本当の 人間 合わせて

>神様の目的に生き生きと生きることができるのでしょうか。
*神様 目的 合って 喜んで 生きる できる か?

>「神様が造られた目的に添って、生き生きと生きること」は
*「神様 造って いただいた 目的 同じに 喜んで 生きる こと

>人間の力だけでは、とてもできることではありません。
*人間の 力 だけ すること 大変難しい。」

e0191585_12493332.jpg

<手話訳から一言>
人はみな神様の生きていて欲しいという願いをもって造られました。そして、一日一日を新しく創造された命をいただいて生きています。目の見えない人に弟子たちはその人の存在の尊さを無視して、罪の中にいると考え、誰のせいですかとイエス様にたずねました。イエス様はこの人の存在を、そのままで神様の栄光を表すためですと言われました。私たちみんなは神様の栄光を表すために作られています。大きい光、小さい光、それぞれ違いはあるでしょう。しかし、罪の闇の中に小さな光も特別に輝いています。あなたは神様に造られた、ただ一人の大切な人です。神様の愛と恵みを一杯いただいているのです。それを喜んでください。感謝して生きましょう。

by minitayori | 2011-11-11 12:49 | Trackback | Comments(0)

紅葉

e0191585_1235399.jpg


隣の病院に、秋が来ました。昔結核病院だったとかで、長期療養する人びとを
慰めるために、いろいろな木が植えられている。ハナミズキやもみじが秋の到
来を告げている。優しい風景でした。

by minitayori | 2011-11-11 12:42 | Trackback | Comments(0)