<   2014年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

名を知らぬ花?

e0191585_19342074.jpg


 ご近所の家の庭にいつもきれいな花が咲いているが、今は終わりになった。ふと見上げると青空に高くそびえるシャボテンのような花が咲いていた。確かに花?と思うのだが、図鑑には出ていなかった。あまりにも堂々としていたので,今回のブログにちょうど良いと思って乗せた。名前をご存じんの方教えてほしい。

by minitayori | 2014-10-29 19:40 | Trackback | Comments(0)

「ミニタヨリ107」

 「ミニタヨリ107」
11月2日、全聖徒の日は九州にいる。熊本教会で説教をしているはずだ。赦されれば、という言葉を心のどこかでささやいている。
それだけ健康に自信がなくなったからかも知れない。結婚式の準備をしていて、教会で準備するのと全く違うことに気がついた。印刷機もないし、熊本での資料はほとんど処分してきてしまった。それもケアハウスからこの練馬に移るときにだ。
いらないと思って捨てたものが、急に必要になって、パソコンの中を捜しつづけ、最後にはあきらめてもう一度作りなおした。コピーはコンビニに行ってコピーをし、小さな印刷機で印刷し続けた。
向きを間違えたり、言葉が間違っていたり、自分の衰えを感じてしまった。そんなときに、ぴったりの詩を見つけた。
昔、なんとなく写しておいたものだったが、今の自分にはよくわかる。この私の人生を完成するのは、私ではなく神様だ。そう思うと肩の荷が下りるような気がする。老い行けよ、最善はこれからだ。生きる限りこう言い続けよう。「わが時はみ手にあり・・・」と。

    老い行けよ、われと共に

「ラビ・ベン・エズラ」
ロバート・ブラウニング作

  老いゆけよ、我と共に!
最善は これからだ。
人生の最後、そのために最初も造られたのだ。
我らの時は 聖手の中にあり
神言い給う「全てを私が計画した。
青年はただ その半ばを示すのみ。
神に委ねよ。全てを見よ しかして恐れるな!」と。
>e0191585_19302281.gif
されば、汝の作品をとりて、用いたまえ。
修正なしたまえる潜めるきずを、
素地の無理を、
御意図をこえたひずみを、
わが時は、汝のみ手にあり。
ご計画の如く盃を完成なしたまえ、
老年をして若き年を肯定せしめ、
死をして老年を完からしめよ。

by minitayori | 2014-10-29 19:33 | Trackback | Comments(0)

オダマキ?

e0191585_197368.jpg


 アパートの床下に咲いていた、名も知らぬ花と紹介してきた花、「オダマキ」という花に酷似していたので、最後の一輪。間もなく終わりになろうとしている花なので再度名前を付けて紹介しておきます。床の下でよく頑張った。

by minitayori | 2014-10-29 19:14 | Trackback | Comments(0)

礼拝に備えて 2014・11・2 全聖徒の日(白)「神の真の幸い」

2014・11・2 全聖徒の日(白)「神の真の幸い」
e0191585_1814301.jpg
山上の説教 (マタイ5章1~12節)
5:1 イエスはこの群衆を見て、山に登られた。腰を下ろされると、弟子たちが近くに寄って来た。
5:2 そこで、イエスは口を開き、教えられた。
5:3 「心の貧しい人々は、幸いである、/天の国はその人たちのものである。
5:4 悲しむ人々は、幸いである、/その人たちは慰められる。
5:5 柔和な人々は、幸いである、/その人たちは地を受け継ぐ。
5:6 義に飢え渇く人々は、幸いである、/その人たちは満たされる。
5:7 憐れみ深い人々は、幸いである、/その人たちは憐れみを受ける。
5:8 心の清い人々は、幸いである、/その人たちは神を見る。
5:9 平和を実現する人々は、幸いである、/その人たちは神の子と呼ばれる。
5:10 義のために迫害される人々は、幸いである、/天の国はその人たちのものである。
5:11 わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。
5:12 喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。」

「礼拝に備えて」真の幸い
 人は誰でも幸いを求めています。しかし、その幸いは多くの場合、豊さ、地位など誰かに比例して自分が優位に立った時に得られるものであるように思ってしまいます。
 しかし、今日のイエス様のお話、山の上の説教に示される「幸い」とは、その様な人間の考える幸いとは違うことを教えているように思います。マタイによる福音書では、山の上の説教で、弟子たちに限定して教えています。これに対してルカは、イエス様が山から下りてきて、平野に立った時、集まってきた群衆に向かって語っています。
 このことを頭に入れて学んでおく必要があります。ルカでは単に貧しい人は幸いであると言っているのに、マタイは弟子たちへの教えとして、「心の貧しい人は幸いである」と、わざわざ「心の」という言葉を入れています。
 つまり人間が求めるところにある幸いとは違う幸いを、神様に従う者は見つけ、持たなければならないことを教えています。アダムは自分が神のようになれると思って、禁断の木の実をとり、罪を犯し、神から離れました。神と共にある平安を失ってしまいました。不幸の始まりです。
貧しさ、弱さは神様にしか頼るものがないことを示しています。私も牧師の道を歩み始めた時、仕事をしながら高校を出ただけの自分がこの働きを続けられるのだろうかと、何度も自問自答をし、迷いました。なにか問題が起こるたびに、自分の知識の足りなさ、弱さを嘆きました。
だから、神様にしがみつく様にしてこの働きを続けてきました。苦しみ悩むたびごとに、イエス様が近くに感じられ、イエス様のお声を聞くことができました。聖書が文字ではなく、イエス様のお声として聞こえてきたのです。
e0191585_18193981.jpg
病める人が、神様と身近に語り合っていること、誰よりも平安を持っていることを、何度も経験しました。勿論病の痛み、苦しみは辛いものです。しかし、神様を見つめる目、神様の約束を信じ、期待し、望みつつ日々を過ごす方の目は美しく澄み、輝いていました。
幸いとは、神様の中に生き、望みを失わないことだと教えられました。イエス様が弟子たち、私達に持ってもらいたいものは、この世の何物にも奪われることのない「神様の与える幸い」、つまり真の羊飼い(=神様)の守られる囲いの中で安らぐことであったのです。

by minitayori | 2014-10-29 18:21 | Trackback | Comments(0)

ミセバヤ

e0191585_17524516.jpg


 ケアハウスを退所する前に隣室の友人よりいただいた「ミセバヤ」の鉢が、酷暑を乗り切って見事な花を咲かせてくれた。友人というより、兄・父ともいえるお方です。いつまでも元気でいてほしい。

by minitayori | 2014-10-29 18:09 | Trackback | Comments(0)

紅葉がやってきた

e0191585_13513611.jpg


 近くの公園にも紅葉がやってきた。秋の終わりを告げるように。
紅葉を写すのは意外と難しかった。何度か写して、太陽光を通して写すのが一番きれいにとfれる。
やはり一番きれいに写したい、いつも思っていること。

by minitayori | 2014-10-25 13:55 | Trackback | Comments(0)

「ミニタヨリ106」

「ミニタヨリ106」
時間があると、まだ大丈夫と思って先延ばしにしてしまう。少し怠け癖が出てきた。11月1日の結婚式。次の日の日曜日の説教。後一週間、90%準備ができたが後の10%の大切さを、改めて思いだしている。
小石川では朝の教会学校、礼拝、夜の礼拝。その間に信仰入門の学び。飯田では毎日の子供の礼拝、職員の聖書研究。朝夕の礼拝。熊本では子供礼拝、大人の礼拝、夜の礼拝。忙しかったが、一カ月くらい前から計画を立てて、進めてゆくのが楽しかった。
毎日がお話の準備みたいだった。今はそれを懐かしく思える時間が与えられていることを感謝しているが、そののんびりさが緊張を無くしてしまっているような気がする。
体調を整えながら、大切な御用を無事終えるようにと日々祈っている。昔子供に合言葉のように覚えておきなさいと語り続けたことを、今思い出している。
WWJD(イエス様なら、このような時に何をなさったか。どうなさったか。)と考えること。
 
             
                    河野 進牧師
        芽だけで美し
        葉だけで美し
        花だけで美し
        実だけで美し
        一刻一刻が美し
        生命にみちあふれる
        まっすぐな木になりたし

e0191585_13334475.gif
 
今、自然の草木や花を写し始めて、一刻一刻が美しい!、と草木をほめ、私もかくありたいと、願いつつ、その日がまだ遠いと思うこのごろです。

by minitayori | 2014-10-25 13:37 | Trackback | Comments(0)

白いサザンカ

e0191585_12253614.jpg


 白いサザンカが一つひそやかに咲いていた。周りにはこれから咲く蕾がいっぱいあった。これからが楽しみです。

by minitayori | 2014-10-25 12:27 | Trackback | Comments(0)

礼拝に備えて 10月26日(日)  「幼子のごとくに」

10月26日(日) 宗教改革主日 「幼子のごとくに」ヨハネ8章31~36
e0191585_12124439.jpg
8:31イエスは、御自分を信じたユダヤ人たちに言われた。「わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である。
8:32あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」
8:33すると、彼らは言った。「わたしたちはアブラハムの子孫です。今までだれかの奴隷になったことはありません。『あなたたちは自由になる』とどうして言われるのですか。」
8:34イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。罪を犯す者はだれでも罪の奴隷である。
8:35奴隷は家にいつまでもいるわけにはいかないが、子はいつまでもいる。
8:36だから、もし子があなたたちを自由にすれば、あなたたちは本当に自由になる。

e0191585_1214832.gif

「礼拝に備えて」『幼子のごとくに』

 最近、膝の関節に違和感が出てきたので、階段よりもエレベーターを使うことが多くなった。入口には「高齢者やお子さんを連れた方を優先してください」と書いてある。
 一瞬どうしようかと迷ったものだが、今は自分が立派な高齢者であることを自覚できるようになって、使わしていただいている。時々、ベビーカーの母子や夫婦でお子さんを分担して抱きながら乗ってくる方がいる。
 夏の間は、私は紫外線予防のためにサングラスをしているので、幼子が不思議な目でじっと見ている。気がつくとはずすが、幼子は目が合うとニコ!と笑ってくれる。昔はあまり見たことはなかったが、髭を生やした怖そうなお父さんが赤ちゃんを抱いたり、おぶったりしている光景をよく見るようになった。
目が合って、あまり見ていると泣かれそうな気がするので、時々目をそらしたりしながらみている。幼子があやしくないと思ってくれると目の奥で、微笑みが見える。心が伝わった一瞬が、喜びに変わる。
次週は宗教改革主日。マルティン・ルッターによって教会に大きな転機がおとづれた。その中心は神様への考え方だ。中世の教会では、教会は神様を怖い方と教え、人は神様が喜ばれることをしなければならない、と教えた。教会は神様にお詫びをし、罪の懺悔をする所となった。
しかし、ルターは聖書の示される神様は、まず、神様が先に私達を愛していてくれることを教えてくれた。「私達がまだ罪人であった時に、神様は御独り子イエス様を十字架に付け、私の罪を赦すために、血を流してくださった。」 
e0191585_12181159.jpg    
教会に行って私達は十字架を見る。その時神様の声を聞く思いがする。「わたしはあなたのために血を流した・・。」「あなたに私の愛を受けて欲しいと待っている。」混み合っているエレベーターの中で、母の胸で泣きもせずに安らかでいる幼子の姿は、神様の前でこのようにあってよい、という神様のみことばと思える。
事実それこそ、ルターが聖書の中から聞き取り、戦いを通して教会を改革しようとされた宗教改革の心ではなかっただろうか。(~をしなければならない。)ではなく、神様は「そのままで幼子が母の胸に憩うように、わたしの胸に抱かれていなさい。」「ありのままでいいんだよ!」そこに福音の心があると教えたのです。
自分が小さい、何もできないと思っているあなた、神様はあなたを見つめている。「そのままで=幼子のように、神様に委ねてください。」神様は喜んであなたをわが子として抱きしめてくれます。

by minitayori | 2014-10-25 12:24 | Trackback | Comments(0)

サザンカ

e0191585_11595030.jpg


 サザンカの花をみると冬が身近になったことを思います。清瀬に引っ越した時周りの垣根が全部サザンカでした。小雪が積もる日も、見事に咲いているのを見て感動しました。間もなくその季節ですね。部屋も寒くなってきました。冬仕度は万全ですか?

by minitayori | 2014-10-25 12:04 | Trackback | Comments(0)