娘が見舞いに持ってきてくれました

e0191585_21001.jpg


正月に娘が孫と一緒に来てくれました。おさびし見舞い・・かな?家の中が暖かくなりました。美しいピンクの色です。

# by minitayori | 2010-01-14 21:01 | Trackback | Comments(0)

キヨセタヨリ1月14日

e0191585_20495711.jpg


このたよりは、最初「ミニタヨリ」として遠方の会員やたまにしか礼拝にこられない人のために始めました。病気の人やご老人の方々には喜ばれました。2000回を目指していましたが、一年早く引退したこと、長期の旅や会議などがあって予定の数に達しませんでした。初志貫徹と改めてはじめました。はがきでは出せませんので部ログにしました。どなたが読んでくださるかわかりませんが。私の自己満足かも知れません。

# by minitayori | 2010-01-14 20:57 | Trackback | Comments(0)

蝋梅の花

e0191585_20451562.jpg


寒さの中、震えるように咲く蝋梅の花。冬来たれば、春遠からじ。昨年すんでいた家の近くに咲いていました。

# by minitayori | 2010-01-14 20:47 | Trackback | Comments(0)

水仙が咲いていました

e0191585_20424462.jpg


飯田にいるときは、春を告げる花で、雪の中から芽が出て花が咲きました。可憐な花で好きです・

# by minitayori | 2010-01-14 20:43 | Trackback | Comments(0)

東京は晴天、

e0191585_20373120.jpg


日本全国に寒波が押し寄せ、熊本まで雪だという野にここ清瀬は晴天。散歩の途中小さな小さな花を見つけました。桜でもないし何の花でしょうか。

# by minitayori | 2010-01-14 20:40 | Trackback | Comments(0)

1月10日の日曜日の聖書とショートメッセージ

*マザーテレサの語録より
今日の最大の病気は、自分はいてもいなくてもいい、だれもかまってくれない、みんなから見捨てられていると感ずることである。最大の悪は、愛の足りないこと、神からくるような愛の足りないこと、なのです。

1月10日(日) 主の洗礼日:ルカによる福音書3:15-22 

21民衆が皆洗礼を受け、イエスも洗礼を受けて祈っておられると、天が開け、
22聖霊が鳩のように目に見える姿でイエスの上に降って来た。すると、「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という声が、天から聞こえた。

み言より一言:神様のお心

 イエスさまがヨルダン川で洗礼をお受けになった時も《あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者》という声が天から聞こえてきました。天から聞こえたと言うことは、イエス様の近くにいた人々も聞くことができたのでしょう。彼らはヨハネにその罪を指摘され、悔い改めの涙を流しつつヨルダン川で、罪の赦しの洗礼を受けていました。しかし、神様を感じることなしに受ける洗礼は、自己満足であったり、時に欺瞞ではないかと思うこともある。しかし、イエス様のみ名と一緒に受ける洗礼は、意味が違ってくる。イエス様と一緒に神様の愛の中でつみ赦され、神様の愛するものと変えられるからです。イエス様の共に新しく生き、新しい喜びを発見しませんか。

# by minitayori | 2010-01-07 21:38 | Trackback | Comments(0)

アマリリスが満開です

e0191585_21305915.jpg


アマリリスの四つの花が全部咲きました。万歳をして神様をほめたたえているようでした。

# by minitayori | 2010-01-07 21:32 | Trackback | Comments(0)

富士山が見えました。

e0191585_2122769.jpg


清瀬駅前のビルからみた富士山。買い物の帰り、市役所の出張所によりました。清瀬の便りを貰うつもりで。5階に上ると、うす曇りの先に富士山が見えました。ラッキーな一日でした。なかなか見えないんですよ。ちょうどカメラを持っていて良かった。

# by minitayori | 2010-01-07 21:26 | Trackback | Comments(0)

菜の花が咲いていました、

e0191585_21165959.jpg


散歩をしていたら近くの養護学校の先生が、下校する生徒に挨拶をしながら校門の前の小さな花畑に何やら植えていました。帰りにもう一度見たら菜の花でした。先生の生徒たちに対する優しさを感じました。

# by minitayori | 2010-01-07 21:20 | Trackback | Comments(0)

ボケの花が咲いていました

e0191585_2184365.jpg


いつもバスを降りるところに小さな遊園地があります。その一角に梅のような桜のような花が咲いていました。聞いてみたら「ボケ」の花だと教えてくれました。それを聞いた途端頭の回路がショウトしたのか、なかなかピントが合いませんでした。ボケの花を撮ったら、ぼけてとれた、とった本人も少々ぼけていました。などと呟きながら帰ってきました。

# by minitayori | 2010-01-07 21:13 | Trackback | Comments(0)

1月3日 今年最初の礼拝に備えて

新年おめでとう。新しい年がよき年でありますように。祈りつつ!


心にのこりて
草花が咲きみだれ小鳥がさえずる
野山をあるいたのは
二十年前のことだけど
今なお心にのこりて
うるわしき野山をつくられた御神を
たたえる詩となり歌となる
   (まばたきの詩人と言われる水野源三さんの詩集より)

2010・1・3 聖書 : マタイによる福音書2:1-12 
2:1 イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、
2 言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」
10 学者たちはその星を見て喜びにあふれた。
11 家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。

み言より一言 : 星に導かれて
 星に導かれた博士たち。美しいクリスマスの絵画に良く出てくる。しかし、星は美しいが不確かだ。夜しか見えないし、曇ればみえなくなる。私たちに信仰生活に似てはいないであろうか。聖書のお話、そしてイエス様の存在。確かであるけれど私たちは見たこともなければあったこともない。しかし、私たち、博士たちが星の導きを信じて旅したように、イエス様に人生をゆだねて生きている。昔、84歳の女性の臨終に立ち会った。彼女は私の手をしっかり握って、「天国って本当にあるよね」と繰り返し尋ねた。私は自分の信仰が試されるような衝撃を受けた。そして祈りつつ次のようにそして彼女に言った。
 神様の国は確かにあるよ。イエス様が神様のところに言って準備してきてくださるって約束してくださっているよ。わたしもそう信じてイエス様の後をついてきたよ。神様は決してうそを言わない。約束は守ってくださる。イエス様の私を信じなさい。イエス様に従って歩むものは必ずイエス様と一緒に神様の国には入れるよ。これイエス様の約束だからね。彼女はそれから二日して深夜、神様に召されていった。私は病床に行って頭に手を置いて臨終の祈りをした。まだ暖かかった。祈り終わると同時に、氷のように冷たくなった。イエス様が迎えに来てくださった、と確信した。確かなイエス様と一緒に神様のところに旅して行った。私も今、彼女のようでありたいと切に願っている。確かな、私の救い主と共に日々を過ごし、イエス様が行こうかとおっしゃったら、はい!と笑顔でついてゆけるような自分でありたいと願っている。e0191585_10312156.jpg

# by minitayori | 2010-01-02 10:17 | Trackback | Comments(0)

2010年日の出

e0191585_2234869.jpg


山や川まで行って初日の出を見る勇気はなかった。しかし6時半ごろわが部屋のベランダの前の木々の間から美しい初日を見ることができた。光が出ると闇が消え去る。新しい年、真の光である神様の光で照らされて心明るく、過ごしたいものだと思った。

# by minitayori | 2010-01-01 22:06 | Trackback | Comments(0)

アマリリス部屋の前の植木鉢

e0191585_21592751.jpg


ケアハウスの人は日々の生活に何か張りがほしい、愛するものがほしいと思う人が多いようです。ペットは飼えない代わりにそれぞれが可愛い花を育てている。このアマリリスもその一つ。

# by minitayori | 2010-01-01 22:01 | Trackback | Comments(0)

小鳥が渋柿の熟したのを食べに来ました。

e0191585_21264263.jpg


名前を尋ねたが返事がなかった。とても動作のかわいい小鳥でした。神様の慰めの訪問者です。

# by minitayori | 2010-01-01 21:28 | Trackback | Comments(0)

これで最後かサザンカの花でもきれい

e0191585_21185474.jpg


ケアハウスの正面のマンションの生垣に見事なサザンカの生垣がある。紅白の花が美しい。でも赤い花は咲くと同時に、周りがしおれて見えてよわよわしい。この赤い花に混ざって白いサザンカの花が見える、私ははじめてみたが、とても美しくて何度も利用させてもらった。夜、フラッシュで取るへんな人がいるといううわさにならなければいいがと思いながら、花にひかれて良く映しました。

# by minitayori | 2010-01-01 21:23 | Trackback | Comments(0)