人気ブログランキング |

礼拝に備えて11月11日戒めの心は愛

2012・11月11日(日)聖霊降臨後第24主日 マルコによる福音書12:28-34
「戒めの心は愛」
28 彼らの議論を聞いていた一人の律法学者が進み出、イエスが立派にお答えになったのを見て、尋ねた。「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか。」 
29 イエスはお答えになった。「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。 
30 心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』 
31 第二の掟は、これである。『隣人を自分のように愛しなさい。』この二つにまさる掟はほかにない。」 
32 律法学者はイエスに言った。「先生、おっしゃるとおりです。『神は唯一である。ほかに神はない』とおっしゃったのは、本当です。 
e0191585_20533785.jpg

「礼拝に備えて」
 「愛」と言う漢字には、真ん中に「心」と言う文字が入っている。イエス様と律法学者たちとの、神様の掟についての問答の中で、一番大きな相違は、律法学者にこの「心」、神様に対する心が失われていたことではないだろうか。イエス様のお心の中には、神様への絶対的な服従と神様への心からの愛、そしてそのお心を受けての人々、つまり私やあなたへの愛があった。しかし、律法学者たちの心には、知識としての愛、自分の解釈の中での愛しかなかった。だから人を裁き、赦せず、憐れみもなくなっていた。
 イエス様は、まず、神様が「わたしはあなたの神」と言われて、人間の罪や神様への不信仰を裁く前に、ご自分があなたの神になる、とおっしゃってくださった。ここに先行する神様の愛を、感じ、感謝して生きることを求めておられる。光を持つ者は、人の灯、光となる。神様の光がその人のうちに輝いているから。

 マザー・テレサ女史は、「Any way(でも とにかく)」という次の八つの言葉を残しておられます。
一、人々は道理に合わず、非論理的で自己中心的になりがちです。でも とにかく彼らを愛しなさい。
二、たとえあなたがいいことをしても、人々はあなたを非難し、あなたを利己的な人だとか、秘められた野心を持つ人だとかいうでしょう。でも とにかくいいことをしなさい。
三、あなたが成功して、不実な友と、本当の敵を得てしまうこともあります。でも とにかく成功しなさい。  
四、あなたの長い努力が生んだよい実りも、人に無視され、明日には忘れ去られるでしょう。でも とにかく努力しなさい。
五、誠実、正直であるために、あなたが傷つけられる事もあるでしょう。でも とにかく誠実、正直でいなさい。
六、数年かけて、こつこつと築き上げてきたものが、一夜にして崩されるかも知れません。でも とにかく築き上げていきなさい。
七、人々は本当に助けを必要としています。しかし、実際に手助けすると、責められることもあるでしょう。  でも とにかく助けなさい。
八、持ち物の中で、一番良いものを人々に与えなさい。面と向かって苦情を言われるかもしれません。でもとにかく持ち物の中で一番良いものを人々に与えなさい。

by minitayori | 2012-11-10 20:54