人気ブログランキング |

礼拝に備えて・2013・4月28日(日)復活後第4主日 「新しい戒め」 

2013・4月28日(日)復活後第4主日 「新しい戒め」 
聖書 : ヨハネによる福音書13:31-35
13: 34 あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。 35 互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる。」

e0191585_20595317.jpg

                   庭のシバザクラ
「礼拝に備えて」
・ユダが裏切りの心を持って、最後の晩餐の部屋を出て行ったあとで、イエス様は弟子たちに新しい戒めを与えられました。それは「互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。 35 互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる。」
・ある大学の学長先生が、「愛することは理解すること。理解することは赦すこと。赦すことは愛すること。」という色紙を書いて、卒業する学生に送ったという話を聞きました。
・愛されたいけれども、愛することも、理解することも、赦すこともできない。そんな弱い心も持っている人がどんなに多いことだろう。私も含めて。しかし、愛という言葉はしばしば誤解を受ける。
・初期の宣教師であるザビエルは、日本人に愛を話しても理解されないことに気付いた。愛はイコール男女の愛と理解されてしまった。それで言葉を変えようと思ったが、ギリシャ語と違って日本語には変わる言葉が見つからなかった。
・それで神様の愛について語るとき、「ご大切」という言葉に置き換えて語ったという。ヨハネ3:16節を「ご大切」に置き換えて読んでみよう。「神はその独り子をお与えになったほどに、世(あなた)をご大切にされた、それは独り子を信じるもの(あなた)が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」よく分かりますね。
・この「大切」にする、というイエス様のお言葉に、神様の深い思いが含まれている。
神様は一人一人、すべての人をかけがえのない人として大切に思われる。だから、イエス様を十字架にかけて下さった。わたしはキリスト教手話の「愛」を「大切」という言葉に置き換えて表現することにした。
・私たち一人一人の弱さ、罪深さ、そのすべてを理解して、赦し、「わたしの愛する子」と言ってくださる。イエス様の弟子たるものは、その愛、すなわち隣人を大切にし、理解し、赦し、受け入れて行く愛を持ちなさい。そのように弟子たちに教えられる。
・神の前に自分が大切にされている存在である、その自分の大切さを知る者だけが、また神様に受け入れられている隣人を大切にし、理解し、赦し、受け入れていくことが出来る。
・自分を振り返ってみて、そのような心と力、努力の足りない弱い自分を見る。それは辛いことだけれど、だからこそ「わたしが愛したように・・・」というイエス様のみ教えに聞き従い、ペトロのように繰り返し失敗しつつも、イエス様の赦しの中で生きていきたいと思う。
・何度失敗しても、イエス様は放蕩息子を待ち続ける父のように、「私の息子」への愛を変えずに待っていてくださる。愛されているあなた、神様の大切な人であるあなた、忘れないで、神様はあなたを待っておられる。

by minitayori | 2013-04-27 21:05