人気ブログランキング |

「ミニタヨリ085」

「ミニタヨリ085」
 世の中は、連休・ゴールデンウイーク、我が家は孫娘が家族旅行で、3日ほど留守をする。家の中は静かになったが、何となく物足りない。
 私は日曜日の説教に備えて、久しぶりに緊張した日々を過ごしている。もう後何回も機会はないだろうと思うと、伝道師の時、宣教師に言われた言葉が思い出される。
 私が伝道師一年目の時、主任の宣教師が病気で帰国、6月から9月まで教会学校、信仰入門、聖書研究、礼拝の司式、奏楽、説教まで一人で任された。
 二カ月で何も語れなくなって、牧師やめますと聖書学院の院長夫人に泣きついた。先生は私の手を握り「小嶋さんよかったね」と涙を流してくれた。そして、「これからです。自分の全部を神様に明け渡して、『神様30分命をください。私を用いてお語りください。』と祈りなさい」と涙を流してくださった。
 いつもこの言葉を思い出して、牧師の働きをしてきた。今改めて、切実に思う。そんなときに出合った河野先生の詩を紹介します。弱さを知る者の恵みと言えるのではないかと思うのです。
e0191585_22125061.jpg
    病まなければ
              河野 進牧師
病まなければ、捧げ得ない祈りがある
病まなければ信じ得ない奇跡がある
病まなければ、聴き得ない御言がある
病まなければ近づき得ない聖所がある
病まなければ、仰ぎ得ない聖顔がある
おお病まなければ私は
人間でさえもあり得なかった。

弱さを知ることは、神様を身近に感じることなのですね。


by minitayori | 2014-05-03 22:15