みにたより273

 「みにたより273」
 最近「時間」というものが気になってきた。いろいろしなければならないこと、やっておかなければならないことが頭の中をめぐるだが、一日終わってみると、無駄な時間の多かったことに悲しくなる。
 昨日は、いつもはしない仕事をし始めて、説明書が見えなかったので眼鏡をはずして仕事をしていた。ひと段落して片づけた後、メガネをどこに置いたか忘れてしまった。
 後片づけをしておかないといけないと思い、きれいに片づけて出したものを収納して、散歩がてら郵便局まで歩いた。途中で世の中がかすんでいると思ったら眼鏡をかけていなかった。ポストに投函して帰ったまでは良かったが、メガネがないと何もできない。 
 前の夜からの自分の行動を思い出しながら、探し回ったが見つからない。結局は午後を物探しに終わらせてしまった。それでも、私はあきらめが早いので、いつかは出てくると思いなおして、今できることをしておこうとごそごそし始めていた。しかし、見つからないというのが気になり、何度も中断して探し始める。
 私の様子を挙動不審に思った家内が、共同で探すことを申し出てくれたが、手を出されると、私には必要だが家内には不要に見えるものが出てくるので、そこでひと悶着起きかねない。それで意地でも自分で探そうと思って、懐中電灯、拡大鏡といろいろ使って探したがどうしても見つからない。
 見かねた家内が入って来て、そこにあるのはメガネではないの?と言われて、みると探していた眼鏡だった。昼間、新しい仕事をして、後片付けをした時に箱の中に入れたままになっていたのだ。眼鏡の端の方が突き出ていたので見つかったのだ。これでまた頭が上がらなくなりそうだ。
 前日からの出来事を事細かに思いだしながら、後追いして探していたのに、今日の昼間にした仕事のことをすっかり忘れ、その時に眼鏡をはずし、なくならないように箱に入れておいたのを忘れていた。こういうのが健忘症、悪く言えば認知症の始まりだろうか。
 前に入居していたケアハウスの近くに咲いていた、ボケの花がきれいだったなーと、ふと思い出す。「私の人生の大半は物探し!」と嘆いていた、ケアハウスの友人を思い出します。

by minitayori | 2016-10-15 11:18 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://minitayori.exblog.jp/tb/24720714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。