礼拝に備えて 2017年1月1日 マタイ2章13~23節

2017年1月1日 マタイによる福音書2章13~23節
e0191585_16492671.jpg
2:13 占星術の学者たちが帰って行くと、主の天使が夢でヨセフに現れて言った。「起きて、子供とその母親を連れて、エジプトに逃げ、わたしが告げるまで、そこにとどまっていなさい。ヘロデが、この子を探し出して殺そうとしている。」
2:14 ヨセフは起きて、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトへ去り、
2:15 ヘロデが死ぬまでそこにいた。それは、「わたしは、エジプトからわたしの子を呼び出した」と、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。
◆エジプトから帰国する
2:19 ヘロデが死ぬと、主の天使がエジプトにいるヨセフに夢で現れて、
2:20 言った。「起きて、子供とその母親を連れ、イスラエルの地に行きなさい。この子の命をねらっていた者どもは、死んでしまった。」 2:21 そこで、ヨセフは起きて、幼子とその母を連れて、イスラエルの地へ帰って来た。:22 しかし、アルケラオが父ヘロデの跡を継いでユダヤを支配していると聞き、そこに行くことを恐れた。ところが、夢でお告げがあったので、ガリラヤ地方に引きこもり、:23 ナザレという町に行って住んだ。「彼はナザレの人と呼ばれる」と、預言者たちを通して言われていたことが実現するためであった。

e0191585_16515011.gif

「礼拝に備えて」
 新しい年が始まります。昨年は日本のみならず世界の各国で天災、人災、また政情の不安など、様々な出来事がありました。特に日本では地震・台風・豪雨の被害があり、また年末には糸魚川での大火がありました。それぞれ被害に合われた方々に神様からの慰めを祈りたいと思います。
 新しい年の最初の日曜日が元旦と重なりました。これも2012年以来のことになります。通常の元旦礼拝は、「主の命名日」としておぼえられ礼拝が守られます
が、今年は教会の日課として、マタイによる福音書が選ばれている関係でしょうか、マタイから選ばれた「イエス様の逃避行」が選ばれています。
 ユダヤの王の誕生の知らせを聞いた、時の王であったヘロデは自分の地位が危うくなることを恐れて、領地内の2歳以下の子供を殺したとあります。天使の知らせを聞いたマリアとヨセフは、乳飲み子のイエス様を連れてエジプトにのがれて、しばらくの時を過ごします。
 そののがれる途中のことです。ヘロデの兵士が追ってきました。逃れるすべもないヨセフたちは、近くに見つけた洞穴の中に身をひそめます。追手は近づいてきます。その時蜘蛛がその洞窟の入り口に巣を張り巡らしました。兵士たちがやって来て、その洞窟を見つけましたが、蜘蛛の巣が張られていたので、ここにはいないと思って立ち去った、と言う話があります。
 教会学校などで使われる伝説の中の話で、真偽は確かめるすべはありませんが、イエス様の誕生から、十字架の死に至るまでのご生涯、いつも神様が共にいて守っていてくださった、と言う事を伝えたかったのでしょうか。
 イエス様は苦難の道を歩き、十字架の死まで神様の御心に従順であられました。新しい年、私達もどのような困難に出会うかわかりません。しかし、イエス様に習って、神様のお守りの中にあることを覚えて、平安な日々を送りたいと思います。神様は共にいて一番良い道を与えてくださいますから。
e0191585_16543242.gif

by minitayori | 2016-12-31 16:55 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://minitayori.exblog.jp/tb/25109970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。