2012年 02月 25日 ( 7 )

梅花

e0191585_17334999.jpg


近くの日本最初のリハビリテーションの学校の跡地が、自然林のようになっている、その入り
口に古い梅の木があり、この近辺では一番早く咲く。つぼみの時期が長く、咲くのを迷ってい
るようだったが、昨日行ったら2部咲きだが綺麗な花をつけていたので、紹介します。
花は自分の咲くときを知っています。私も自分のときを詩って、輝いて行きたいと思いました。

by minitayori | 2012-02-25 17:41 | Trackback | Comments(0)

ンーバーの祈り

Rニーバーの祈り

 神様
 私に変えることのできないものは
 それを素直に受け入れるだけの
 心の平安を与えて下さい
 変えることのできるものは
 それを変える勇気を与えてください
 そして何がかえられるものであり
 何が変えられないものかを
 見分ける知恵を


e0191585_17284597.jpg

by minitayori | 2012-02-25 17:30 | Trackback | Comments(0)

胡蝶蘭

e0191585_161736.jpg


敬愛する友より送られた胡蝶蘭。3年目も美しい花を咲かせてくれた。私たちの自慢の花であり、
隣近所の人にもこの花を誰からもらったかを話す。そして私たちの祈りの花であることも。
隣の93歳の方が、此花の真ん中に天使がいるよと教えてくれた。確かに天使が居て、祈りを聞
居てくれている。友の健康が支えられるように。

by minitayori | 2012-02-25 16:07 | Trackback | Comments(0)

創世記、手話聖研 2:21-22

2課22-23創世記聖研手話訳
22.エデンの園が「喜びの園」であり、人間の永遠の幸福の園」であるために、どうしてもなくてはならないもの、それは「神と人間との良い関係」なのです。神と人との間に、良い関係があったからこそ、園が「幸福なところ」になっていたのです。
23.聖書は、このように人間の幸福の基本的な条件として、「調和」、つまり、「良い関係」が必要であることを教えています。この「調和」=「良い関係」を4つに分けて考えてみたいと思います。その第1は、先程から繰り返して言っています、「神との調和」です。

<手話訳>
>22.エデンの 園が「喜びの園」であり、人間の  永遠の 幸福の園」であるために、
*エデン(指文字) 場所 意味 喜び場所 ある 人 本当 幸い 場所 あるため

>どうしてもなくてはならないもの、それは「神と人間との良い関係」なのです。
*本当   必要な 事      内容  神 人 良い 関係 である。

>神と人との間に、良い関係があったからこそ、
*神 人間 間   良い 関係(つながり) あった だから

>園が「幸福なところ」になっていたのです。
*その場所 幸福な 場所で あった。

>23.聖書は、このように人間の幸福の基本的な条件として、「調和」、
* 聖書 今 説明 同じ(ように) 人間の 幸福 基礎の 条件 「調和=仲良し」

>つまり、「良い関係」が必要であることを教えています。
*その意味 「神との 良い 関係=つながり」である 教えている。

>この「調和」=「良い関係」を4つに分けて考えてみたいと思います。
*この 「友」 良い 関係 四つに 分けて 考え たい=欲する 思う

>その第1は、先程から繰り返して言っています、「神との調和」です。
*第一 今まで 繰り返し(数多い) 語る  {神 間の 仲直り}です。

注:調和=両手で握手する。仲良し・友達の意味 両手をそれぞれ反対にすると仲たがい
      聖書の言葉としては、仲たがいから握手に移行すると、「和解」と言う手話。
関係=両手の親指と人差し指二本でそれぞれ輪を作り、つなげる。関係・サークルな
どの意味になる。

e0191585_1557867.jpg

「手話訳から一言」
神様に背いた行為が、罪となります。手話では神様に反抗して、背を向けた状態を罪と言います。ここから罪を「神様への悪い反抗」と言う手話で表現しました。反抗は肘鉄砲の動作です。このように手話では、創世記の具体的な出来事の中に、罪の原点を考えました。
また同時に、いくつかの手話ができました。反抗の肘鉄をやめ、手を伸ばして神様の手と握手する行為を、和解と考えました。しかし、私たちの腕は曲がったまま、神様に反抗し続けます。この腕は切り取って捨てなければなりません。罪を捨てるのです。その腕の代わりに、イエス様がご自分の十字架によって、私たちの罪の身代わりになってくださり、
神様との和解の道を整えてくださいました。この十字架はあなたの魂の救いのためです。神様と和解して、心に神様との間の平和を持ちましょう。

by minitayori | 2012-02-25 15:58 | Trackback | Comments(0)

柿と小鳥

e0191585_15433541.jpg


ケアハウスの敷地内に、柿木が残っており、そこにいくつかの柿が残っていた。飯田に居たときに
畑の真ん中に柿木があり、冬になると収穫するのだが、必ずいくつかは残しておくそうだ。
それは寒くなってえさがなくなったときに小鳥が食べるようにと言う優しさを示しているとのこと
だった。お話を聞いて心温かくなった。そのことを特別な言い方があるそうだが、何回聞いても、
覚えられなかった。

by minitayori | 2012-02-25 15:49 | Trackback | Comments(0)

菜の花

e0191585_15351235.jpg


散歩をしていたら、近くの学校の花壇に菜の花が咲いていた。そういえば昨年
12月、兄の葬儀の後、田舎の山すそに菜の花畑があって、一面に綺麗に咲いていた。何の花にも思い出が重なると、嬉しく、寂しく、悲しく、懐かしく思う。
花って優しいね。

by minitayori | 2012-02-25 15:42 | Trackback | Comments(0)