人気ブログランキング |

2013年 08月 17日 ( 5 )

傘を被った富士

e0191585_20205237.jpg


わずかに2時間の間に、富士山はいろいろな顔を見せてくれた。その神秘的な美しさに心打たれる。人間の小ささ、争いの愚かさ。神様の作られた自然の雄大さに、人間の小さささを思わされた。
いつまでも美しい山。いつまでも神様の愛の満ちる世界であってほしい。

by minitayori | 2013-08-17 20:12

「キヨセタヨリ051」

e0191585_2051977.gif
「キヨセタヨリ051」
・15日、終戦記念日には多くの人々が黙祷をささげた。
 熱戦中の甲子園の高校球児たちが、帽子を脱ぎ、頭を垂れて黙祷を捧げているのがすがすがしかった。
・一方、戦争の悲惨さをよく知っている、この国の指導者たちが戦争を忘れているような言動をしているのには驚いた。
・この国が68年もの間、戦争なしに平和を貫いてきたのは、多くの方々の犠牲の死をいたみ、二度と同じ悲しみを味わいたくないという思いからではなかったのか。
・平和憲法が人々のその思いを支えてきたのも事実だろう。それ以上に、二度と人と人とが殺しあうという悲惨さと悲しみを味わってはいけないという、祈りではなかったろうか。
・戦争の悲惨さを知る人は、高齢化し、若者たちは映像の世界でしかそれを知ることができない。若者には今在る幸せをかみしめてほしい。
・最近、上映が始まった映画「少年H」を見た若い人々の言葉がテレビに流れる。感動したとか、家族の絆の大切さを知ったとか、感想を述べている。
・私は、この少年のように、空襲による火の海の中を、家族7人でさまよい、命からがら逃げまわった思い出が、今も心に深く残っている。
・田舎に疎開するときに、道端には焼け焦げた遺体が並べられ、子供をしっかり抱きしめた母親らしき人の遺体も見た。
・サイレンの音恐怖症になったのも、この幼年の時の経験からだった。
・運の悪いことに、疎開した小学校の始業の音がサイレンだった。牧師になって、二度目に赴任した飯田では、真向かいの酒造所の始業の合図、終業の合図がサイレンだった。その度に心臓の鼓動が激しくなったことを思い出す。
・こんな経験を、次の世代にさせたくはない。日本は平和の源となってほしい。そう心に深く願うものです。
(終戦記念日に)

e0191585_2024180.jpg

by minitayori | 2013-08-17 20:06

はまゆう

e0191585_19572995.jpg


敷地内にある清瀬病院の中庭にきれいなお花畑がある。そこにこの時期、「はまゆう」の花が咲く。先日の猛暑の中、見事に咲き始めた。一日遅かったら、しおれていたかもしれない。
一番美しいところを残せてよかったね。

by minitayori | 2013-08-17 20:00

平和への祈り

e0191585_1955944.gif
平和への祈り
(聖フランシスコの
「平和の祈り」より)

神よ、わたしを、あなたの平和を実らせるために、用いてください。
わたしが、憎しみのあるところに、愛をもたらすことができるように、

また、争いのあるところに、和解を、分裂のあるところに、一致を、
疑いのあるところに、真実を、絶望のあるところに、希望を、
悲しみのあるところに、よろこびを、暗闇のあるところに、光をもたらすことができるように、助け、導いてください。

神よ、わたしに、慰められることよりも、慰めることを、理解されることよりも、理解することを、愛されることよりも、愛することを望ませてください。

わたしたちは、自分を与えることによって、与えられ、すすんでゆるすことによって、ゆるされ、人のために死ぬことによって、永遠に生きることができるからです。


昔、手話のクラスでこの歌を手話で歌いました。一つ一つ言葉を考えながら。メンバーの一人が最後のぽつりと、最後の祈りが重いし難しいと思います。とひとこと。
そう、でもイエス様はそれを実行してくださいましたね! 神様の素晴らしい恵みですよ。
涙を流してうなずいてくれました。感謝!

by minitayori | 2013-08-17 19:55

ひまわり

e0191585_1930742.jpg


いつも太陽に向かって花を向きを変える花。私たちのいつも神様のみ心に、心を向けて生きていきたいですね。

by minitayori | 2013-08-17 19:32