人気ブログランキング |

2014年 11月 29日 ( 5 )

アベリア

e0191585_18474161.jpg


 歩道の脇に植えられた生垣?に小さな花が咲いていた。かわいらしい花だった。

by minitayori | 2014-11-29 18:51

ミニタヨリ109

「ミニタヨリ109」
11月は本当に短かった。九州の旅、帰って東京での説教、来客、いつもはのんびり暮らしているので、昔(現役時代)の生活が戻ったようなせわしさを感じました。
今年もクリスマスの飾りが、早くもデパートに飾られ始めました。今度の日曜日にはクリスマスソングがデパートや商店街で聞こえているでしょう。
暗い世相の中にいますから、クリスマスの明るい歌声は人々をうきうきさせることでしょうが、しかし、本当のクリスマスの喜びを知ってほしいと思いますね。もっと嬉しくなるように。
童話の中に、こんな話があります。イエス様がこの世界はどうなっているかを、クリスマスに見に来られた。最初の家の窓から見ると子供たちがクリスマスツリーを飾って準備をしていた。木の下にはクリスマスに貰うプレゼントが山になっていた。ある家に行ってみたら、テーブルの上に沢山の御馳走とクリスマスケーキが置いてあって、友人たちが集まってきてクリスマスパーティーが行われようとしていた。しかしどこの家に行ってもイエス様の入る場所はなかった。2000年の昔、ベツレヘムでマリヤとヨセフが宿がなかったように。今も私のいる場所は家畜小屋しかないのか。イエス様はさびしく思われて帰られたというお話。どうでしょうか。私達の心は?イエス様をお迎えする部屋はあるでしょうか。私の心の一番真ん中に来てください。きれいにしておきますから!とイエス様に向かって叫んでみませんか。イエス様がどんなに喜ばれるでしょう。イエス様はそのようにお迎えする人を探しておられます。
e0191585_18401442.gif

>「身障の友よ」より
 
木はしずかに立って 
嵐や寒暑に耐え、
緑の葉をしげらせ美しい花を咲かせ、
甘い実をゆたかにみのらせ、
小鳥や動物や人を招いてよろこばせる 
山や建物もじっとしていて
近くから遠くから訪ねて来る
身障の友よ信仰と希望と愛の
木や山や建物になろうではないか  
      詩 河野 進牧師


by minitayori | 2014-11-29 18:46

八つ手

e0191585_18282217.jpg


 よく見る花だけど、花として見たことはなかった。青空に見事に生えて見えたので、写して名前を調べてみました。八つ手の花、そういえば八つ手の葉で遊んだことがありました。もう70年も前の話ですが。

by minitayori | 2014-11-29 18:33

礼拝に備えて 11月30日

11月30日(日)●マルコ11章1~11
e0191585_18123938.gif
11:1 一行がエルサレムに近づいて、オリーブ山のふもとにあるベトファゲとベタニアにさしかかったとき、イエスは二人の弟子を使いに出そうとして、 言われた。「向こうの村へ行きなさい。村に入るとすぐ、まだだれも乗ったことのない子ろばのつないであるのが見つかる。それをほどいて、連れて来なさい。
もし、だれかが、『なぜ、そんなことをするのか』と言ったら、『主がお入り用なのです。すぐここにお返しになります』と言いなさい。」二人が子ろばを連れてイエスのところに戻って来て、その上に自分の服をかけると、イエスはそれにお乗りになった。多くの人が自分の服を道に敷き、また、ほかの人々は野原から葉の付いた枝を切って来て道に敷いた。そして、前を行く者も後に従う者も叫んだ。「ホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように。我らの父ダビデの来るべき国に、祝福があるように。いと高きところにホサナ。」

e0191585_18133339.jpg

●「礼拝に備えて」「エルサレム入城」マルコ11章1~11 
 今日からアドヴェント(あるときに向かって行くという意味)。教会の暦では待降節が始まります。そして福音書の日課には、キリストのエルサレム入城が記されています。つまり、イエス様の十字架への苦難の日々がはじまります。そのことを教会では学び、キリストの再臨、再来して裁き主として私達の前に立たれる日が来るので、その時のために備えます。そのためにイエス様が十字架への道、私達の罪の代償を支払うために受けなければならなかった苦しみの日々を学び、キリストの再来の備えをするのです。
 キリスト一行がエルサレムに近づいたとき、キリストは二人の弟子に、子ろばを連れてくるように命じられました。まだ誰も乗ったことのないロバの子は、弱さの象徴でした。キリストは弱さを必要とされ、人々の労苦の汗と涙とがしみこんだ上着が敷かれた道を歩まれました。
 人々はイエス様を「ダビデの子ホサナ(万歳)」と歓喜の声をあげました。ロバの子に乗られたイエス様は人々の顔がよく見える同じ目線を進まれます。人々の汗と労苦の苦しみの中を黙して進まれます。今もそうです。イエス様は私達の苦しみや悲しみのただ中を歩いてくださいます。私の目を見つめながら、あなたの苦しみ、悲しみを私はよく知っているよ、とおっしゃるように。私達の心の苦しみ涙を見つめていてくださいます。
 ドロロッサ=悲しみの道というゴスペルソングがあります。私の苦しみ悩みを背負って十字架の道を歩まれたイエス様のことを歌います。老いの悲しみ、孤独の寂しさ、身体の痛み、イエス様は全部知っていてくださいます。私達と同じ道を歩いてくださいます。このイエス様と一緒にあるいて行って下さい。あなたが倒れたら、イエス様が背負って歩いてくださいますから。
>e0191585_18175964.gif
主イエスさま
痛みであれ 苦しみであれ
不幸であれ 悲しみであれ
立ち止まらずに
上を向いて
祈から感謝へ 感謝から希望へ
大空に向って羽ばたく、
鳥のつばさのように
嵐を海をこえさせてください
                 詩 河野 進牧師


by minitayori | 2014-11-29 18:26

紅葉の木

e0191585_1842536.jpg


 練馬の我が家の近くにも紅葉がやってきました。「秋深し、隣は何をする人ぞ」。都会のアパート生活はまさにその通りです。家に引きこもっていると誰とも話す機会はありません。ときどき、外に出た時に通勤の人に会い挨拶の声をかけたり、帰宅する小学生に「お帰り」とか声をかけますが、最初は怪しいおじいさん?という目で見られました。花を写しに行って、花の名前を聞いたり、お話しできるご近所の方が2,3人できました。

by minitayori | 2014-11-29 18:10