人気ブログランキング |

赤いバラとペンテコステ

e0191585_1753923.jpg


赤いバラをイエス様の受難と結び付ける説がある。茨の冠はバラノ棘、赤い花弁はイエス様の愛の血潮。ペンテコステに下った炎のような…は、イエス様の愛の血。教会ではそのことを思いだすために、この日の聖壇には赤いバラを飾るという。教会中にバラを撒くところもあると聞いたが、これは大きな教会しかできませんね。

by minitayori | 2015-05-23 17:36

「ミニタヨリ208」

「ミニタヨリ208」
e0191585_11252462.jpg
 構想から3年がかりで完成した「手話で福音を伝えよう」という小冊子が、アバコ(キリスト教視聴覚センター)から出版されて間もなく一年近くになる。
 先日、2014年に発刊された書物の中から、全国キリスト教書店員が一番読んでほしい本の「キリスト教本屋大賞」選出のため、10冊がノミネートされた。私の本はノミネートはされなかったけれど、「あなたのリスト教書イブラリーに、ぜひ加えて欲しい良書のスト」という「キラリ本」に選ばれた。
 アバコの職員に大変なご苦労をかけ、資金の少ない中イラストや校正まで手がけて下さった。ろう者伝道牧師として40年、キリスト教用語を作りつつ伝道を続けてきた。
その努力を次の世代に引き継いでいただくために、ここから改訂しつつ成長できるように、との願いを込めて努力した。自分にできる集大成として、未熟ではあるがそのような用い方をしてくれたらうれしい。
手話は、心の中で、自分の体験を絵にして考え、それを手で演じる。聖書の手話は、聖書の中に生きています神様、イエス様の行動、お考えをまず思い浮かべる。それがリアルであればある程、手話は耳の不自由な人々の心に神様。イエス様のお心が伝わってゆく。
み言の中には、復活されたイエス様が今も語りかけていてくださることがはっきりと記されている。その声を聞きつつ手話ができたら、きっと良い手話になるだろう。そういう通訳者が、キリスト教会の中に一人でも多く育ってほしいと心から願っている。本の注文は近くのキリスト教書店かアバコまで。

by minitayori | 2015-05-23 11:36

孤高の美人花

e0191585_11192161.jpg


 名前がいろいろ出たが確証がつかめなかった。貴婦人のように背筋を伸ばして誇らしげに咲いていた。

by minitayori | 2015-05-23 11:22

「礼拝んに備えて」 5月24日 聖霊降臨祭

「礼拝んに備えて」 5月24日 聖霊降臨祭 ヨハネ15:26-16:4a
e0191585_11141299.jpg
15:26 「わたしが父のもとからあなたがたに遣わそうとしている弁護者、すなわち、父のもとから出る真理の霊が来るとき、その方がわたしについて証しをなさるはずである。
15:27 あなたがたも、初めからわたしと一緒にいたのだから、証しをするのである。

16:1 これらのことを話したのは、あなたがたをつまずかせないためである。
16:2 人々はあなたがたを会堂から追放するだろう。しかも、あなたがたを殺す者が皆、自分は神に奉仕していると考える時が来る。
16:3 彼らがこういうことをするのは、父をもわたしをも知らないからである。
16:4 しかし、これらのことを話したのは、その時が来たときに、わたしが語ったということをあなたがたに思い出させるためである。」
e0191585_11162790.jpg
e0191585_11154435.jpg

「礼拝に備えて」
 今日の聖霊降臨日はペンテコステともいわれ、イエス様が復活された後50日目を意味する。教会の誕生日ともいえる。
 イエス様の十字架の死と復活の後、イエス様が何度弟子達の前に現われても、弟子達は喜んだが、イエス様の復活の信仰までには至らなかったようだ。
 彼らの大半は、最後の晩餐をした部屋に閉じこもり、自分たちも捕まるのではないかと、戸を閉じ、カギをかけて震えていた。
 この弱く、小心者の弟子たちが、エルサレムという一番危険な所で、イエス様は神の子であった、と証言を始めた。しかも、そこに集まった諸国の人々が、神様の素晴らしい業をわかるような言葉で語ったと言われる。
 その言葉が何語であったかはわからないが、少なくとも集まっていた人々が「私達のわかる言葉で、神のなされた素晴らしい業がわかった。」と使徒言行録2章に書かれている。
 この言葉は「聖霊」が与えてくださった言葉であった。そしてイエス様が全ての弟子たちに与えられた言葉であった。天地創造のはじめから、イエス様の十字架、復活、昇天までのすべての出来事、いや旧約聖書も含めた神様の御心の歴史の全てが、聖霊の導きで理解できた、ということである。
 私達は礼拝に集い、み言葉を学び、祈ることによって信仰生活を続ける。そして、み言を聖霊の導きで心に深く理解し、誰にでもわかる言葉で証ができるようになりたい。
 まず教会が、そして信徒が、集うみんなが聖霊の励ましを受ける時、活気にあふれた伝道する教会が誕生できる、と信じている。神様はそのことがこの日本に始まることを心から願っていらっしゃる。


by minitayori | 2015-05-23 11:18

アパートの床の砂地に咲く花

e0191585_1053393.jpg


 アパートの床に毎年咲く花。芝桜と思ったが少し違うようだ。部屋替えで花の図鑑を仕舞い込んでしまったので改めて調べて知らせます。ピンクが輝いて美しい花です。

by minitayori | 2015-05-23 11:09