人気ブログランキング |

ミセバヤ

e0191585_21381259.jpg


 一人暮らしの方が、子供のように可愛がって育てた鉢植えの「ミセバヤ」のはな。
愛を一身に受けて、幸せそうに咲いている。
見る者を幸せにする花。一生懸命の幸せは見る人々に勇気を与えるのでしょうか。


関さん、連絡したいのでアドレスか住所知らせてくれるかな。

by minitayori | 2013-11-02 21:44

「きよせたより061」

「きよせたより061」
・秋の日はつるべ落としのようだと言われます。いつのまにか、夜が早く来るようになりました。
・紅葉を探しに近所を散策したのですが、なかなか見つかりません。でも花水木が紅葉し、きれいな赤い実をつけていました。
・今年は夏の酷暑と台風によって、紅葉の葉が落ちたり痛んだりして、色付く前に散ってしまうのだそうです。
・昨年の今頃、説教で「裏を見せ、表を見せて散る紅葉」というリルケの秋という詩を使ったのを思い出します。
・ここ清瀬の紅葉はもう少し後になりますが、日光など紅葉を観光の資源としているところは、つらい思いをしていることでしょう。
・田んぼには黄金色のお米が実っています。しかし、福島の方では、放射能汚染で作付けができなかった所に、ブタクサの花の黄色が悲惨さを強調するように咲き乱れているのをテレビで見ました。
・本来なら収穫に励む季節に、なす術もなく仮設住宅でしょんぼりと過ごす高齢者の方々の姿をみると、支援の手の遅さに腹立たしささえ覚えます。
・原発事故の後始末もできていない今、また汚染土や使用済み燃料の処理方法も確立されていない今、原発輸出が決まったとのニュース。
・また汚染の垂れ流しが始まるのでしょうか。平和憲法は神様の作られた世界を美しく、愛に満ちた世界とすることが人間にゆだねられていることを意味していると思う。
・平和は愛と赦しによって始まり、隣人を思いやる心から実ってゆくものではないでしょうか。
・一人一人にイエス様の福音の心を伝えてゆくべき教会の責務が、ますます重くなっている。世の光として闇を照らし、地の塩として、世界を清めてゆくために。

e0191585_2135964.gif

by minitayori | 2013-11-02 21:36

コスモス

e0191585_21231144.jpg


 ケアハウスの中に庭いじりの好きな方がいる。一日朝夕30分ずつ草取りや、好きな花を自費で買ってきて植えている。本人も楽しいといわれるが、ホスピスの方が車いすで散歩にきて、足を止めて嬉しそうに見ている。花は咲くだけ、自分の美しさも、人を慰める力があることも知らない。自然に咲いて、人を助けている。それが自分の務めであることを知っているようだ

by minitayori | 2013-11-02 21:28

礼拝に備えて 2013・11・3 ヨハネ15:1-17

2013・11・3 ヨハネ15:1-17 =キリストの愛の中で=
e0191585_21141372.jpg
15:1 「わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。 2わたしにつながっていながら、実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる。しかし、実を結ぶものはみな、いよいよ豊かに実を結ぶように手入れをなさる。
 5わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。
 16 あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである。 17 互いに愛し合いなさい。これがわたしの命令である。」


「礼拝に備えて」キリストの愛の中で
・今度の日曜日は、教会では召天者記念の礼拝をおこなう。私が訪れた外国の教会では、教会の周りに墓地があって、そこには多くの十字架があった。
・そこでは召された人と今この世で生きている人とがイエス様のみ言を中心に、時空を超えた交わりを持っている。教会の信仰の奥深さを感じたものです。
・私が働きを許された以前の教会で、ご夫人のお骨を5年間手元で守っていた方がいた。
・最初は火葬場から直接に教会聖徒廟に入れたいと言っていたが、家族の説得で家に持って帰ってからは、かたくなに納骨を拒み、家に帰って話し相手がいなくなると寂しいとその理由を話しておられた。
・ご夫人の召天をきっかけに、教会に帰ってこられ、イエス様の前で奥さんと語り合えることを喜んでおられた。
・私が引退する一年前に、ご自分も天に召されて、ご夫人と一緒に、教会の聖徒廟に安置された。
・イエス様の愛に結ばれ、生きる限り、共に過ごそうとされたお二人を思う時、「互いに愛し合いなさい」と言われたイエス様のお言葉を身をもって実践されたお二人を思い出す。
・この信仰に育まれた,御子さん、お孫さんも立派なクリスチャンとして信仰を受け継いでおられる。
・信仰は自分で持つものではなく、イエス様に選ばれていることを自覚して初めて持てるものなのだ。しかも、この世にいるすべての人が神様に愛され、選ばれ、神様のもとに帰ってくることを待たれている。
・「あなたは私の大切な愛する子。」あなたにかけられている神様の愛のお言葉です。

by minitayori | 2013-11-02 21:18

何の木?花?

e0191585_2143698.jpg


 近くの公園にある大木に、白い花が咲いている。小さな花がひしめくようんに咲き、青空に輝いていた。名前を探したが、見つからない。わかったら教えてほしい。

by minitayori | 2013-11-02 21:08